悩ましいバックパックの防犯対策について大公開!

今回はバックパックの防犯対策についてお話します。
旅中はドミトリーがあるゲストハウスやユースホステルに泊まる方いらっしゃいますよね。メインのバックパックは重たいので、どうしても宿に荷物を置かないといけません。
宿にバックパックを置いている間に荷物を盗まれたり、移動中のバスなどでも勝手に荷物を開けられて盗まれたりする人もいます。

そんな盗人から少しでもあがらうため、私がやった防犯対策をご紹介いたします。

バックパックの種類

まず、私のバックパックですがメインの開け口が以下のようヒモを絞るタイプです。

※これは実際に持って行ったバックパックではありません。

このタイプのものは、誰でも荷物取り放題になってしまいます。
なので、本当はチャックで南京錠がつけれるようなバックパックを選ぶといいと思います。
私は登山用に購入したバックパックを使用するため、どうにかこのバックパックを誰でも開けれないようにしないといけません。
そこで、ネットで色々と調べて見つけたチェーンを使った方法にプラスして、少し工夫をして対策したのでご説明したいと思います。

バックパックの防犯対策方法

まず、バックパックについているヒモを外します。
そして、以下のようなチェーンを用意します。
チェーンはホームセンターなので10cm単位から購入できます。
開けたときのことを考えて長さは1m以上ある方がおすすめです。

ここで、チェーン購入時の注意点!!
チェーンの大きさ(太さ)は必ずお持ちのバックパックのヒモが入っている穴のサイズに入るものを購入してください!太い方がペンチで切れにくいらといって太いのを買うと穴に入りません。
私も一回購入したのですが、チェーンが穴に入らず買いなおしました。。。
※写真は失敗の時のものです。

さて、購入したチェーンをバックパックの穴に通します。
ヘアピンを使って入れると簡単に通せますよ。

ネットで調べた情報だと、通常はチェーンの輪っかに南京錠を通して閉めれば完成なのですが、バックパックの穴が小さいと細めのチェーンを使用します。そのためチェーンの輪っかに南京錠が通りません。

そこで、私が次に購入したのがこちらです。

ステンレスのリングです。キーホルダー等についている輪っかの小さいバージョンです。
ホームセンターで150円くらいで購入しました。小さめのホームセンターだと売っていないこともあるので、買いに行く際は品揃えがよい大きめのホームセンターで買う方がよいですよ。

ステンレスのリングをチェーンの輪に装着します。

これで輪っかができたのでここに、南京錠を通して施錠すれば完成です!!!

私はチェーンを長めに購入したので(1.6m)、バックパックの口を施錠した後ついでにバックパックをどこかに括り付ける、またはバックパックの他の部分にチェーンを通してダブル施錠をすることにしました。
チェーンの先端に先ほどの金具か、もしくは先端は少し穴が広いため少し太めの金具を付けてみました。

これで先端も南京錠で施錠できますね!

バックパックの防犯対策のまとめ

  • 開け口がヒモで縛るタイプは、ヒモの部分をチェーンかワイヤー使って南京錠で閉めれる対策を。
  • 開け口の穴のサイズを見てチェーンの太さを決めましょう。
  • 細目のチェーンを使用する場合は、工夫が必要。(別途輪っかがついた金具を購入してチェーンに装着し、金具の穴に南京錠を付けるなど。)

以上が私が行ったバックパックの防犯対策です。
開け口がヒモで縛るタイプのバックパックをお持ちの方、是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »