地元民に教えてもらった!カンボジア料理のAmokのレシピ

カンボジアに行ったら一度は食べたい、カンボジア料理(クメール料理)。その中でも日本人の口に合うカンボジア料理といえばAmok(アモック)だと思います。

Amokはココナッツベースのカレーと魚(ナマズの一種)を蒸した料理です。お店では魚ではなくチキンなど、お肉が入ったものもあります。

カレーといっても激辛ではなく、ココナッツミルクが入っているのでマイルドで食べやすいです。そんなAmokをシェムリアップに住んでいるお友達に教えてもらったのでご紹介します。

まずはAmokに使う食材です。

上から

モリンガ(インドを原産とするワサビノキ科の植物)

レモンリーフ

レモングラス

乾燥唐辛子

ガランガル(トムヤムクンとかに入っているショウガ科の植物です)

ウコン

この写真にはありませんが、ニンニク、魚も準備します。

まずは、下準備です。

レモンリーフの葉の真ん中のすじをとります。

ガランガル、ウコンの皮を取ります。包丁の背の部分で削ります。

乾燥唐辛子は色付けのために入れるそうで、柔らかくするために一回お水に浸します。

次は食材をカットしていきます。レモングラスの上の緑の葉の部分はAmokには使用しません。写真で示してある部分を使用します。

レモングラスを細かく輪切りに切っていきます。

他のレモンリーフ、ウコン、ガランガル、水に浸けて柔らかくなった唐辛子も細かく切っていきます。

切った食材を石の臼に入れ、潰します。食材の原型がわからなくなりペースト状になるまで潰します。

切った唐辛子、にんにくも入れて更に潰します。

そして、ペースト状になるまですり潰します。

潰したあとがこちらです。

次に、具材の魚ですが、友達のお母さんがキレイにさばいてくれました。

これで、準備完了です。
いよいよ調理開始です!

鍋にココナッツミルクを入れ、温めます。その後、作ったペーストを入れます。

煮立ってきたら水を少し入れます。香りがでるまで炒めます。
パームシュガー(なければ砂糖でOKです)、フィッシュソース(1スプーン)、塩を少しいれ味を整えます。

そして、魚を入れたら一旦火を消して魚とペーストを混ぜます。

お皿にモリンガをしいて、先ほどの魚入りのペーストを載せます。

こっから蒸し器に入れて魚に火が通るまで蒸します。

待つこと数分。。。

ついにAmok完成です!!!!

今回は伝統的なAmokの作り方を教えて頂きましたが、市販にAmokのパウダーなどが売っているので、時間がない人はパウダーを買うのもありですね。

こちらが今回お邪魔させていただいたお友達のキッチンです~~!!

ありがとうございました!!!オークン!!!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »