ピピ島でタイボクシング!?島の魅力をご紹介

ピピ島は日本でも人気のリゾートスポットで有名です。

私はこの旅でピピ島に行く予定ではなかったのですが、友達がピピ島へ行くと聞きつけ、急遽ピピ島へ行くことにしました。

ピピ島へはボートで行きます。私達はプーケットからピピ島へ行きました。

着いたら入場料1人20バーツ支払う必要があります。

島に入ってすぐマクドナルドがお出迎え。

島は歩ける範囲内にオシャレなレストランやカフェ、クラブなどあるため、わざわざ何かをす

る為に車やバイクなどを使う必要がありません。

というか、車を見ないですね。

最初はピピ島にそこまで期待はしていなかったのですが、街がコンパクトでかつ色々なお店が

あるため散策してて楽しい島です。

オシャレなカフェもあります。

お魚もグリルして売っています。

ピピ島の全体地図はこちら

一番町から近く行きやすいのがLoh dalum bay です。このビーチは昼間はビーチ、夜はクラブミュージックが鳴り響きパーティー会場となります。

このビーチでも楽しめますが、もう少し海がキレイなビーチが近くにあります。

それがLong Beach。

Long Beach へ歩いて20分ほどで行けますし。タクシーボートで1人100バーツ(4人以下だと1人200バーツ)で行けます。

Long Beach まで歩いていると小さなビーチが点在しているのでそこへ行くのもおススメです。

夜の街でおすすめなのがタイボクシングバー!!!

お店に入るには最初に飲み物を買う必要があります。

私達が入った時には女性同士が戦っていました。

タイの女性ボクシングの人かなと思ってみていると

ん!??

なんと、お客さんでした。

どうやらこのお店ではタイボクシングに参加したらバケツに入ったお酒を一杯無料になるらし

いです。

もちろんタイ人のボクシングも見れます。

やはりプロは違いますね。キック力がハンパないです。盛り上がり方も全然違います。

ピピ島へ行った際はここに行くことを進めします!!

レストランでおすすめなのがDow Restaurant。

他のお店(特に海沿いのレストラン)は一皿150~200バーツほどしますが、このレストランは一皿120~150バーツ程度(料理にもよりますが。。。)

料理のサイズも他の店に比べて大きく、味も美味しいです。

私達はほとんどタイ料理しか食べなかったですが、このお店はイスラエル料理もあり、メニューにもイスラエル語が書かれています。

店主の人になぜイスラエル料理があるのか聞いてみると、観光客の人がイスラエル料理を教えてくれたのでメニューに追加したのだとか・・・

また、料理をオーダーすると待っている間にジェンガを出してくれますので、待ち時間も楽しめます。

ジェンガを楽しむ友達・・・

不思議なのがピピ島にはたくさんの猫がいます。店に1匹はいるんじゃないかというくらい猫・猫・猫・・・

猫島ですね。。。

猫が好きな方にもおすすめのピピ島でした!!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »