【2018年版】バンコク・スネークファーム での予防接種の受け方・スケジュール

世界一周される方は絶対に受けた方がよい予防接種。日本で受けると高くつく予防接種ですが、タイ・バンコクのスネークファーム で安く受けられるというのは旅人の中では有名ですね。

世界一周・アジアから西周りする旅人は序盤にタイに立ち寄り予防接種を受ける方がとても多いです。

今回はスネークファーム への生き方や予防接種の受診方法などについてまとめてみました。

スネークファーム への行き方

MRTのシーロム(Si Lom)駅又はサムヤン(Sam Yan)駅、BTSのサラディーン(Sala Daeng)駅が最寄り駅となります。

カオサンから来る場合は、最寄りのデモクラシーモニュメント付近のバス停から47番のバスに乗ると、スネークファーム前まで行きます。

チュラーンロンコーン病院の隣にあります。

スネークファームとして呼ばれていますが正式名称はQueen Saovabha Memorial Instituteです。

入ったらすぐ噴水があります。

この西洋的な建物が予防接種が受けられる場所になります。

必要な物

最低限必要なのはパスポート、現金です。受診の際にはパスポートの提示が必要です。また、支払いは現金のみなので必要なワクチンに合わせて現金を用意しましょう。

事前に今まで打ってきた予防接種を調べ、何を打つのかあらかじめ決めた方が無駄にワクチンを打たなくて済みますし、スムーズにいきます。

また、問診の際は英語なので、自分が打ちたい予防接種英語を調べていくことをおススメします。

受診方法

建物に入ると右側に1番の部屋、その奥が2番の部屋があります。

左側には4番の部屋があります。

まず、1番の部屋に入ります。

入ったら紙が置いてある机があります。1~4番の番号がありますが3番と4番が英語なのでこの2枚に必要な情報を記載します。

今まで何を打ったのか書く欄がありますが、後の問診で医師と直接話しをするので分からない場合は”Not sure”にチェックしてもよいと思います。

世界一周する人は行き先など書ききれないと思うので”Around the World”とすればよいです。

書いたら1番のデスクに書いた紙とパスポートを出します。

しばらく待ち、初診料20バーツを支払い、隣の部屋2番の部屋で血圧を測ります。

測り終えると4番に行きます。

ここで医師の問診を受け、何を打つのか決めます。

私はあらかじめ過去の予防接種など調べていったので、黄熱病と腸チフスのみ受けました。

黄熱病を打つ際に言われたのが、3カ月は性行為をしないでくださいと。ワクチンの効果と関係するらしいです。

狂犬病は迷いましたが、最低3回打たないといけませんし、一回打ったあと期間を空けないといけないのでパスすることにしました。

問診後は5番へ行きワクチンを購入します。毎回かかる問診料もここで支払います。

現金のみですので注意してください。

黄熱病(yellow fever) 1200バーツ

腸チフス(Typhoid) 400バーツ

問診料 50バーツ

合計 1650バーツ

を支払いました。

ネットで調べている情報よりも少し値段が上がっていましたので、少し現金を多めに持って行ったほうが良いかもしれません。

例えば、黄熱病は1000バーツという情報をネットで見ましたが2018年3月時点では1200バーツでした。

購入したらまた4番の部屋に行き、看護婦さんにレシートを渡し、間違っていないか確認してもらいます。

そして、部屋の奥の部屋に行き、ワクチンを打ちます。

打ち終えたら、最後に今回何を打ったかわかるお薬手帳みたいなものを渡されます。

これで終了です。

主なワクチンとスケジュール

世界一周する人が主に打つワクチンとそのスケジュールをまとめてみました。

黄熱病 (yellow fever)

黄熱病は黄熱ウイルスを持った蚊に刺されることで罹る全身性の感染症です。

症状:発熱、寒気、頭痛、筋肉痛、吐き気などの症状が出ます。

地域:アフリカ・中南米

感染方法:主に蚊に刺される等

*アフリカ・南米では黄熱病を受けたという証明書(通常イエローカード)がないと入国できない場合がある

スケジュール:1回

有効期間:10年間

A型肝炎+B型肝炎(Hepatitis A + B)

症状:ウイルスに感染後、発熱・倦怠感・食欲不振・吐き気や・嘔吐が発生。
その数日後には黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)が現れます。

地域:全世界

感染方法:
A型肝炎 汚染された飲食物を口に入れる
B型肝炎 主に性交渉、その他血液を介して(輸血など)

スケジュール:3回

有効期間:3回接種で10〜15年間

腸チフス(Typhoid)

症状:高熱、頭痛、全身、倦怠感

地域:全世界(特に南アジア、アフリカ)

感染方法:感染したヒトの便や尿に汚染された水、氷、食べものを接種

スケジュール:1回

有効期間:3年間

日本脳炎(Japanese encephalitis)

症状:発熱、寒気、頭痛、嘔吐、痙攣、意識障害

地域:東アジア、東南アジア、南アジア

感染方法:主に蚊に刺される等

スケジュール︰小児期に接種済みの場合1回
未接種の場合は1~4週間間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回

有効期間:5年間

破傷風(Tetanus)

症状:喉が狭まり硬直、歩行障害、痙攣、最悪の場合呼吸困難を起こした後死に至る

地域:全世界

感染方法:傷口から

スケジュール:1回

*破傷風を打つ場合、大体はジフテリア(Diphtheria)百日咳(Perussis)の3種混合(Tdap)を打ちます。

有効期限:破傷風は10年

狂犬病(Rabies)

症状:感染した場合、発熱、頭痛、全身倦怠や嘔吐が発生。その後、全身痙攣・麻痺を起こした後にほぼ100%死に至る

地域:全世界

感染方法:犬、狐、猿、コウモリ等に噛まれる

スケジュール︰3回

有効期間:3年間

病院情報

正式名称:Queen Saovabha Memorial Institute
住所:1871 Thanon Rama IV, Thung Maha Mek, Sathon, Krung Thep Maha Nakhon
電話番号:+66 2 252 0161
営業時間:8:30〜16:30(月-金) 8:30〜12:00(土・祝日)
休館日:日曜日

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

コメント

  1. www.amino.dk より:

    Ηey there! This is my first comment here so I just wanted to givе a qᥙick shout
    out and tell you I ggenuinely enjoy reading throսgh your bllog posts.

    Can you suggest any other blogs/websites/forums that gօ over
    thhe samе topiⅽѕ? Tһamk you!

Translate »