タイからラオスまで寝台列車で国境越え方法

自然豊かな国で知られているラオス。日々の喧騒を忘れてのんびりしたい人にオススメの国です。

今回バンコクからラオスのヴィエンチャンまで寝台列車で国境超えをしたので、その方法をご紹介します。

ノーンカーイ(Nong Khai)までのチケットを買う

まずバンコクからラオス国境付近のノーンカーイ駅までのチケットを購入します。
購入するにはネットでも予約ができるそうですが、私は当日列車に乗ることも想定して実際にファランボーン駅で購入しました。

ファランボーン駅まではMRTですぐに行けます。

購入するにはパスポートが必要なので必ず持っていきましょう!

フアランポーン駅のチケット売り場に並びます。

当日チケット売り場と事前予約の売り場があったので、事前予約の売り場に行きます。

チケット売り場には受付番号が置いてあるのでカードを取って待ちます

中央の緑色の画面の番号で自分の番号が表示されたら、窓口に行きます。

下の写真で言うと177番(左側参照) カードを持っている人は1番(右側参照)の窓口に行きます。

少したっても現れなかったら次の番号になってしまいますので、番号を確認しましょう。

ノンカイまで行く夜行列車は18:35、20:00、20:45の3本があるようです。

私は20:45発の列車を選択しました。

1等寝台と2等寝台があるようですが、私は2等寝台を選択しました。

2段ベットの上と下で値段が多少違います。

上:898 バーツ (約2,960円)

下:998バーツ  (約3,293円)

ただ、20:45発だとちょっと値段が安くなるらしく、

上で648バーツ (約2,250円)で購入しました。

寝台列車に乗車しノーンカーイ駅へ移動

20:45までにファランボーン駅へ行き、列車に乗り込みます。

私は7年前くらいに寝台列車を利用したことありますが、その時よりも今列車がキレイになっているとネットで見たので楽しみにしていましたが、、、

なんか見たことある緑のカーテン。

まさかの私が乗った列車は古い列車でした。だから値段が他より安かったのか、、、

しっかりとバックパックをハシゴに括りつけ就寝です。

懐かしの寝台列車に揺られノーンカーイ駅に到着。

ノーンカーイ駅からヴィエンチャンまでの移動

ノンカーイ駅に着いたらバスターミナルに向かいます。

歩いて15分程度なので、歩くことに。

バスステーション到着。

ラオス国境までのバスチケット代:15バーツ(約50円)

バスに乗り込みタイ出国手続きの場所へ。社内は観光客はほとんどいませんでした。

タイ出国手続ぎが終わると、さっきの乗っていたバスが止まっています。
またそのバスに乗り込みラオス入国手続きの場所へ。

ラオス入国手続きを行います。

Paypassという所で入国税50バーツ(約170円)を支払います。
支払うとカードを渡され、イミグレが終わった後のゲートにカードを入れて入国完了。
でも、イギリス人らしき人はカード無しで通してもらっていました。。。本当に必要なのかはよくわかりません。

入国手続きを済ませゲートを出るとすぐ右手にバスが止まっています。(写真を撮り忘れてしまいましたがすぐわかると思います。)
バスに乗り込みバスの運賃を支払います。私はラオスの通貨キープを持っていませんでしたが、タイバーツでの支払いも可能でした。タイバーツで25バーツ(約83 円)でした

まとめ

バンコクからビエンチャンまでの金額は以下の通りです。

バンコク→ノーンカーイ 648バーツ (約2,250円)

タイ国境バス代: 15バーツ(約50円)

国境通過チケット: 50バーツ(約170円)

ラオス国境 → ビエンチャンまでのバスチケット: 25バーツ(約83円)

合計738バーツ(約2435円)

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »