【日中編】バンビエン観光!みどころと楽しみ方を教えちゃいます!

こんちには、ひなたです(*‘ω‘ *)♪

バンビエン はラオスのヴィエンチャン県で人口およそ25,000人と小さな町です。ルアンパバーンからビエンチャンまでの間に位置しているので、途中でバンビエンに立ち寄る旅人が多い街です。ナムソン川と緑豊かな山々にかこまれて大自然が広がるバンビエンですが、色々とアクティビティがあり楽しめる街です。

今回はそんなバンビエンの見所と楽しみ方を日中編と夜編に分けてお伝えしたいと思います。

まず、日中編です。

尚、夜編の記事はこちら↓↓↓

こんにちは、ひなたです(*´▽`*) 前回バンビエンの日中の楽しみ方をお伝えいたしましたが、今回は夜の楽しみ方をお伝えしたいと思います...

では、個人的なおススメ度と一緒に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おススメ度 ☆☆☆  Pha ngeun peak

バンビエンにはたくさんの山々が広がっており、絶景が見れるいくつかのビューポイントが設置されています。pha ngeun peakは一番町から近く、気軽に登れて絶景な景色を見ることができるのができるのでおススメです。

場所はこちら。

街から自転車で行ける距離なので、私は自転車をレンタルしていきました。

自転車をレンタルする際はママチャリではなく、是非マウンテンバイクにすることをおススメします。pha ngeun peakやブルーラグーンなどがある方面は道が砂利道で舗装されていませんのでマウンテンバイクの方がいいと思います。
また、店にもよりますがママチャリはチェーンが緩いものが多く、私が借りたチャリは砂利道の揺れですぐチェーンが外れ、そのたびに直さないといけませんでした。違う旅人の話ではチェーンが元々緩いのにも関わらず、チェーンが外れたまま返したら、修理代としてお金を請求された人もいたらしいです。借りる前に入念にチェックすることをおススメします。

尚、自転車のレンタル料は

ママチャリ 10,000キープ(約127円)

マウンテンバイク 25,000キープ(約317円)

自転車で、山の麓に着くとチケット売り場があり、入場料10,000キープ(約127円)を支払います。

この山は650mほどの山なので何時間も登らなくて大丈夫です。
日中は暑いので午前中に行くことをおススメします。

ちょっと傾斜がきついのでゆっくり登ります。

頂上までに1つビューポイントもキレイですが、やはり頂上が絶景です!!

バンビエンの街を一望することができます。見渡す限り田んぼと山。

頂上には屋根がついた休憩ポイントがあるから日差しを避けてゆっくりすることができます。

また、頂上には小さなお店もあったので、水がなくなったら少し高いですがここで購入可能です。

pha ngeun peakやブルーラグーンに行く際に注意してほしい点があります。

注意点

メインの橋を渡ると通行料を支払わないといけないのですが、料金を払わなくてもよい橋があります。ちょっと面倒ですが料金がかからない橋をわたることをおススメします。

写真の赤の丸が料金がかからない橋。
青の丸が料金が発生する橋。

スポンサーリンク

おススメ度 ☆☆☆  チュービング

バンビエンと言ったらチュービング!と言ってもいいくらい有名ですね。

川を約3時間ほどかけてただ下るだけなのですが、バンビエンの大自然を眺めながら飲み物を片手にゆっくり下っていくアクティビティです。

プカプカ浮かぶだけなのですが、ラオスの大自然を眺めながらゆっくりと時が流れるのを楽しむのは思った以上に楽しかったです!バンビエンに行った際は是非やることをおススメします。

どうやらバンビエンのチュービングには種類があり、パーティー系(バーを何軒かはしごする)とちょっとパーティー系は。。。という方向けの控えめ系のチュービングがあるようです。

パーティー系を楽しみたい!!という方はYellow and White tubing office というお店で予約してください。黄色のタイヤが目印です。

料金は

レンタル料:60,000キープ(約762円)

デポジット:60,000キープ(約762円)

合計12.000キープを支払います

控えめ系TCK Amazing Travel CO.LTD というお店で予約してください。

赤色のタイヤが目印です。

料金は

レンタル料:55,000キープ(約698円)

のみです。

この二つのお店はそこまで遠くないので、内容を確認してから予約してもよいかと思います。

私はTCK Amazing Travel CO.LTD で予約しました。

控えめ系とは知らず予約しましたが、バーを2カ所まわり、バーにはターザンをして飛び込める場所もあり、楽しめました。

西洋人の人はペットボトルにウォッカやラムを入れて持参しており、バーではお酒が少し高いのでジュースだけ買って、ジュースで割ってパーティーしていました。お酒を沢山飲みたい人はあらかじめ準備しているといいかもしれませんね。

私達のグループの人でステレオを持参していたスーダン人の人がいたので、音楽を聞きながらチュービングを楽しみました。

尚、このツアーでは防水バックを貸してくれるのでわざわざチュービングのために買う必要ありません。

おススメ度 ☆☆  Tham Chang Cave

バンビエンにはたくさんの洞窟があります。すべての洞窟をまわってませんが、私が行った洞窟の中でよかった洞窟がTham Chang Caveです。洞窟もよかったですが、洞窟までの道のりが好きでした。

場所はこちら。

Tham Chang Caveへ行くまでに橋を渡らないといけないですが、通行料として2,000キープ(約25円)を支払います。

橋からの景色。とてもきれい。

洞窟までの入り口で入場料15,000キープ(約190円)を支払うと、階段があります。

この階段を登りきると洞窟があります。

この洞窟の付近に川があり、ここで泳ぐことも可能です。水はブルーラグーンより圧倒的にキレイなので、泳ぎたい方はここで泳ぐことをおススメします。

おススメ度 ☆ ブルーラグーン

バンビエンで有名な観光地の一つがブルーラグーンです。観光地として有名なので沢山の観光客が詰めかけていました。

ブルーラグーンの入り口で入場料10,000キープ(約127円)を支払います。

水は一応ブルーですが、そこまでキレイではありませんでした。

ここでも飛び込みができますが、混んでいるのでやりませんでした。

いかがでしたでしょうか?
バンビエンに来た際は是非訪れてみてください。

次は夜編です(*´▽`*)♪

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »