【夜編】バンビエン観光!みどころと楽しみ方を教えちゃいます!

こんにちは、ひなたです(*´▽`*)

前回バンビエンの日中の楽しみ方をお伝えいたしましたが、今回は夜の楽しみ方をお伝えしたいと思います。バンビエンは自然が沢山あり日中楽しめますが、夜もなかなか楽しめる街です。

そんな、バンビエンの夜の楽しみ方は大きく2つあります。

1.川沿いでゆっくり過ごす

2.夜のナイトクラブではじける

スポンサーリンク

川沿いでゆっくり過ごす

日中アクティビティやハイキングなど体を動かして疲れた方は、是非川沿いのレストランやカフェで川を眺めながらご飯やお酒を楽しんでください。

川沿いのレストランでもタイプが2つあり、町側のレストランは観光客向けで少し値段がお高めです

橋を渡った側の川沿いにはローカルのレストラン(屋台みたいなお店です)があり、そこはローカルの人が利用していました。値段も町側のレストランより安く料理とお酒を楽しめます。

写真の左手側が町側のレストラン。右側がローカルのレストランがあります。

安く楽しみたい方は是非橋を渡った側のローカルレストランをおススメします。
橋を渡る際は前回お伝えした料金がかからない橋を渡って下さいね!

前回の記事はこちら。

こんちには、ひなたです(*‘ω‘ *)♪ バンビエン はラオスのヴィエンチャン県で人口およそ25,000人と小さな町です。ルアンパバー...

スポンサーリンク

夜のナイトクラブではじける

夜は友達や旅で出会った人達とお酒を飲んで音楽を楽しみたい!という方は夜のナイトクラブではじけてください。

バンビエンは小さな街なのでナイトクラブも限られます。なので、夜遊びに出かける人は大体同じ場所に行きます。有名どころがSakura barViva pub。

この2つが有名なのはドリンクが無料になる時間帯があるからです。

お酒が無料の時間帯

お酒が無料の時間帯は以下の通り。

Sakura barは夜8時~9時

Viva Pubは夜10時~11時

なので、外国人観光客の人は夜8時~9時までSakura barでフリーのお酒を飲んで楽しみ、その後Viva pubへ行き夜10~11時までフリーのお酒を飲んで騒いで楽しんでます。夜11時以降はViva pubに留まる人もいれば、Sakura barへ戻る人もいれば、違うお店に行く人もいます。

まずはSakura barからご紹介します。

Sakura Bar

Sakura barに入って左側にカウンターがあり、そこにカップにウイスキーが入っており、スプライトかコーラを選べることができます。

この時間帯は外国人観光客の人はピンポンというアメリカ発祥のゲームを楽しんでました。ピンポンはテーブルの両端に置かれたお酒が入ったカップに、テーブルの両端からピンポン玉を投げ合って、相手が自分側のお酒にピンポンが入るとお酒を飲むというゲームです。

奥に進むと踊り場と椅子があり、夜になると多くの観光客が集まって踊ったり、椅子に座って会話を楽しんだりしています。

バー自体は大きくないので、ここがメインの場所となります。

場所はこちら↓↓↓

Visa Pub

Viva PubはSakura barから徒歩3~5分で着きます。

夜の写真を撮りそこねてしまったので昼間の写真です。

昼間はお店はやってないので、あまり目立たないのですが、夜はライトアップされているのですぐ見つかると思います。

場所はこちら↓↓↓

Viva pubも夜10時~11時になるとSakura barと同様カップにお酒が注がれており、コーラかスプライトが入ったものが沢山がならんでいます。

Viva pubはSakura barよりもお店自体は小さめです。

個人的には雰囲気としてはSakura barの方が好きでした。

いかがでしたでしょうか?

バンビエンに行った際は夜も是非楽しんでみて下さい!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »