【ラオスの絶景】クアンシーの滝への行き方・楽しみ方

クアンシーの滝(Kuang Si Falls)はラオスのルアンパバーンから南へ約30km行ったところにあるキレイな滝です。

ルアンパバーンへ行ったら是非訪れたい観光名所です。

今回はこのクアンシーの滝への行き方・持ち物と滝へ行った際の楽しみ方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

持ち物

・水着

・防水カメラ

・タオル

・サンダル

・日焼け止め

・お金

・(靴)

滝には3カ所泳げる場所があるので是非水着を持って行ってください!また、防水カメラやタオル、サンダル、日焼け止めも持っていきましょう。
荷物を置いて泳ぐのでお金は最低限のお金だけ持っていきましょう。私は財布はゲストハウスに置いていき、必要なお金だけ濡れないようにポリ袋に入れて持っていきました。

また、滝ではちょっとしたハイキングコースがあるので靴があると便利です。(サンダルで大丈夫!っていう方が必要ないです。)

行き方

クアンシーの滝へまではルアンパバーンか約1時間ほどかかるので、トゥクトゥクやバイクで行く必要があります。安く済ませたい方は他の観光客と一緒に乗り合いのトゥクトゥクで行くのが安いかと思います。

トゥクトゥクですが、宿泊している所でも予約できますし、sisavangvong roadなどメイン通りをあるいているとトゥクトゥクのおじさんが滝に行かないかと声をかけてきます。大体最初は100,000キープ(約1270円)など高額でふっかけてくるので、交渉しましょう。
大体40,000~50,000キープまで下がると思います。人数が多ければ多いほど値段が下がるので、一緒に行く人を何人か見つけて交渉すると安くすみます。

私達は最初3人で歩いていて、トゥクトゥクのおじさんに声をかけられました。
トゥクトゥクには既にブリティッシュ夫婦がいて、彼らは50,000キープ(約635円)で乗っていました。
私達はそこから、全員で5人いるんだから35,000キープ(約444円)まで下げてくれー!
と言って35,000キープで交渉成立しました。

ただ、先に乗っていたブリティッシュ夫妻は50,000キープを支払うことになっているので、内緒にしてとトゥクトゥクのおじさんに言われ、夫妻には申し訳ないが50,000キープで乗ったことにしました。

いざ出発!!!

トゥクトゥクに揺られること約1時間。クアンシーの滝の入り口へ到着。

トゥクトゥクのおじさんが何時間ここで過ごしたいか?と聞いてくるので、一緒に乗っている人たちと相談して3時間と回答しました。

大体3時間あれば一通りは楽しめると思います。

駐車場にはたくさんのトゥクトゥクが止まっているのでどのトゥクトゥクで来たか写真など撮って覚えておきましょう!

クアンシーの滝の楽しみ方

まず、入り口で入場料20,000(約254円)を支払います。

入り口には地図があります。

クアンシーの滝には3カ所泳ぐ場所があります。好きな場所で泳いだり、ゆっくりして過ごせます。

また、最初にBear Rescue Centerがあり、クマを見ることができます。

クマのキャラクター一覧表が。

光が反射して見えにくいですが、よーく見ると”くまモン”もいらっしゃます。

登っていくとさっそく滝が現れます。

とってもキレイです。

一番上流の泳ぎ場所には木からジャンプすることができるのでおススメです。

更に上るとメインの大きな滝が現れます。ここでは泳げないので、写真を撮ったりして楽しんでください。

ここで終わりかなー、と思ったら実はまだ上に行く道があります。

ちょっと上るので靴があると便利です。

この道を登っていくとこのメインの滝を上から眺めることができるので時間があればぜひ登ってみて下さい。

頂上の写真がこちら。迫力満点です。

あっという間に3時間が経過して、駐車場へ戻ります。

私達はちょっと遅めに行ったので駐車場へ戻った時には私達のトゥクトゥクしか残っていなかったので探す必要がありませんでした。

一時間かけてルアンパバーンの町戻り、お金を支払い終了です。

ルアンパバーンにはセー滝というもう一つの滝があります。

本当はそこにも行きたかったのですが3月は乾期のため水がないらしいので今回はあきらめました。

次回機会があれば行ってみようと思います。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »