ルアンパバーン周辺でハイキングと景色を楽しめるスポットをご紹介

ルアンパバーンはラオスの北部に位置しており、町全体が世界遺産に登録されている町です。ルアンパバーンにはお寺や周辺にはクアンシーの滝などありますが、滝は中心地から一時間ほどかかりますし、お寺はもう見飽きたーという方もいらっしゃると思います。

そんな方に近場でちょっとしたハイキングできて、景色を楽しめる場所をご紹介したいと思います。

ちょっとしたハイキングができるのがメコン川を渡った先にあります。

ボートに乗ってメコン川を渡ります。ボート乗り場は何カ所かあるので好きなところから乗ってください。

私達は以下の場所から乗りました。

ローカルの人も利用しているので、一緒にボートに乗ります。

ボートは片道5000キープ(約63円)でのることができます。

メコン川沿いに一本の道が出ているのでそこをふらふら歩きます。

ちょっとしたビューポイントがあるのばWat Jom Phetというお寺で、丘になっているのでそこからメコン川とルアンパバーンの町を眺めることができます。

お寺に入場するのに10,000キープ(約127円)支払います。

すると階段があり、登っていきます。

頂上には小さなお寺があります。お寺自体はそんな大したことありませんが、お寺からメコン川とルアンパバーンの町を眺めることができます。

このお寺ちかくにもボート乗り場があるので、あまり歩きたくない方はボート乗り場からWat Jom Phetに行きたいといえば連れてってくれると思います。

他にも周辺にお寺が何個かあるので、時間があれば見に行くのもいいと思います。

本当はNong Khiaw(ノーンキャウ)という所がトレッキングなど楽しめおススメだと聞いていたので行きたかったのですが、ルアンパバーンから片道4時間かかるので、日帰りでルアンパパーンに帰ってくるのは厳しいと聞いてあきらめました。

日帰りで行けるのであれば行きたかったのですが、すでに次の目的地、スリランカへのフライトを予約してしまっていたので、Nong Khiawに泊まるのは厳しいため行くことをあきらめました。残念・・・・

出会う観光客から聞くと、ルアンパパーンより北の地域がとてもキレイでトレッキングできるところが沢山あるらしいので、時間がある方は是非訪れてみて下さい。

Nong Khiaw(ノーンキャウ)の場所はこちら。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »