ネパール・カトマンズのお祭りに遭遇!!

スリランカを後に7か国目のネパール・カトマンズへ飛行機で移動!!

大学時代のネパールの友達と約6年ぶりに合流し、さっそくカトマンズの町を散策します。

たまたま昨日(3月27日)にカトマンズを歩いているとお祭りがあったのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

お祭りの名前はJana Baha Dyah Jatra(ジャナ・バハ・ディア・ジャトラ)というカトマンズのお祭りです。Seto Machindranath(セト マチンダラナート)とも言われています。Setoは白いという意味で、カトマンズの神様の色が白色なのでSeto Machindranathと言うんだそうです。ちなみに、お隣の町パタンにも同じようなお祭りがあるのですが、パタンの神様の色は赤色(Rato)なのでRato Machindranath(ラト マチンダラナート)と言います。
Rato Machindranathは大体4~5月頃に行われるそうです。

Seto Machindranathはカトマンズのヒンズー教徒と仏教徒の両方が崇拝する神で、Jana Bahalという寺院に普段はこの神はいます。この寺院は10世紀ごろに建てられた古くからある寺院です。

このお祭りはSeto Machindranathと大きな木を載せた押し車のようなものを皆で引いて街を3日間かけて移動します。Seto Machindranathがいる寺院に行けない人々のためにこの行事が出来たとされています。最終的にはDurbar Margという王宮がある通り(別名Kings Road)へ運ばれます。

この木は35フィート(約10m)ほどあり、近くでみると迫力満点です。
これを人の力で引くってすごいですね。。。

移動先で街の人々は神に祈りをささげるためにトレイとバターランプを持って参拝します。

夜の町にバターランプの温かい明りがともってとてもきれいでした。

夜のSeto Machindranathの様子。

大体毎年この時期(3月~4月)にSeto Machindranathは行われるのですが、ネパール時代のカレンダーで決めているので、若干時期が毎年変わるので、見たい方は事前に確認が必要です!!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »