【準備編】2018年度版! アンナプルナへトレッキング許可書取得方法

ネパールといえばトレッキング!

と言えるほど毎年トレッキングのためにネパールを訪れる観光客は沢山います。

私は以前ネパールに1カ月ほど居たのですが、トレッキングをしなかったので今回トレッキングに挑戦しようと思います。

ネパールでトレッキングする際は登る山に応じて登山許可書を申請する必要があります。

この許可書は外国人のみで、ネパール人はもちろんタダです。

登りたかったマナスルもネパール人はただなのです。。。

私は悩んだあげくアンナプルナにトレッキングする事にしたので、アンナプルナを登る際の許可書の申請方法を紹介したいと思います。

2018年度になってアンナプルナ保護区入居証の料金が若干変更になっていたりしているので、その辺も含めて紹介します!

スポンサーリンク

証明書の種類

アンナプルナを登る際は、TIMS(Trekkers Information Management System)とACAP(Annapurna Conservation Area Entry Permit):アンナプルナ保護区入域証が必要になります。

TIMS(Trekkers Information Management System)はアンナプルナ方面に行く方のみならず、エベレストやランタン方面にトレッキングに行く場合に必要となる許可証です。

アンナプルナ保護区入域証はアンナプルナ保護区に行く場合必要になります。

申請場所

申請場所はNepal tourism board というネパール観光局でカトマンズかポカラで行うことができます。

土曜日と祝日はおやすみなので気をつけてくださいね。

地図は拡大してみて下さい・・・

私はカトマンズで申請しました。

申請する際は午前中に行くことをおすすめします!

理由は、

1.混む可能性がある

2.午後は受付が殆ど開いていない

ACAPの受付は基本的に

9:00-15:00   なのですが、

13:00-14:00 はランチブレイク

なので午後は14:00-15:00の1時間しか開いてません。

しかも、お祭りなど大きな休みがある期間は 9:00-12:00  の午前中しか開いてないので、午前中に行っておいた方が、わざわざ行ったのに閉まってた!!

という事を避けれます。

持ち物と申請費用

TIMS用

・パスポート

・証明写真二枚

・現金 2,000ルピー

・(海外保険の番号と保険会社の番号のメモ)

ACAP用

・写真二枚

・パスポート

・現金 2,260ルピー(2018/3/29時点)

写真はTIMSの受付の人に頼めば無料で写真を撮ってくれるので用意してなくても大丈夫です。

パスポートは必要なので持ってきて下さい。

お金は現金のみなので準備して下さい。
敷地内にATMがありますが、引き出しが上手くいかないのであらかじめ用意した方がいいです。

TIMSに保険番号や保険会社の番号等を記入する箇所があるので、あらかじめメモを携帯等にとっておくとよいでしょう。

尚、ACAPの申請料金は今まで2,000ルピーだったのですが、私が申請した時は2018年3月29日時点では2,260ルピーに値上がりしていました。

スポンサーリンク

申請方法

まず建物に入ったらTIMSとACAPの申請書を見つけて記入しましょう。

申請書はテーブルに置いてあったりしますが、ない場合は受付でもらって下さい。

TIMSの申請書はこちら。

①トレッキングするエリア

②トレッキングする日にちと出る日にち

③トレッキングを開始するポイント
(入山ポイントと下山ポイントを書く欄がありますが、分からない場合は空白でも大丈夫です。私は適当にポカラと書きましたが、通りました。)

④トレッキングを終了するポイント

⑤トレッキングのルート

⑥自分の名前、国、市、性別、誕生日

⑦パスポート番号

⑧ネパールのビザ番号

⑨連絡先(トレッキング会社を利用する人はその会社や人の名前を記入)
 空欄でも通るらしいです。私は一緒にいくネパールの友達の名前や住所を記入しました。

⑩自分の実家の住所

⑪保険番号、保険会社の名前、番号

⑫サイン

⑬申請日

ACAPの申請書はこちら。
(番号がちょっとずれててすみません・・・)

①名前

②国籍

③パスポート番号

④誕生日

⑤性別

⑥住所

⑦職業

⑧ネパールでの連絡先(宿泊先でも問題ないです)

⑨訪問目的

⑩トレッキング場所

⑪アンナプルナ保護区域での入山ポイント(私はわからなかったので適当にポカラと書いても問題なかったです)
⑫終了ポイント(11と同様にポカラと書きました。)

⑬トレッキング期間

⑭トレッキング会社を利用している人は会社名と住所を記入

⑮ガイドを利用している場合はガイドさんの名前と連絡先

⑯サイン

トレッキング期間やポイントなど分からなければ、現時点で分かる範囲内で記入すればOKです。

申請には写真が必要ですが、写真を撮る場合はTIMSの受付の人に言えば撮ってくれます。

4枚写真をもらえるので、TIMSとACAPの申請の際に2枚づつ申請書、パスポートと一緒に渡して下さい。

TIMSの申請場所はこちら

ACAPの申請場所はこちら

申請を済ましたら、少し待てば許可書を発行してくれます。

ACAPの許可書は名前やパスポート番号を記載する欄があるので登る前に情報を埋めて下さい。

これで許可書はゲット出来ました!!

トレッキングの装備も買ったので後は登るのみ!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »