カザフスタン・アルマトイからキルギス・ビシュケクへ陸路で移動する方法

当初は3泊ぐらいを予定していたアルマトイでしたが、結局約2週間くらいアルマトイに滞在しちゃいました。

そんなにやる事ないでしょ?

って思う人も居ると思いますが、アルマトイ周辺には色々と見るところがあり、街は緑で溢れていて、綺麗な公園もたくさんあります。また、天気が良いと山々を眺めることができて、散歩するだけでも楽しいし、オシャレなカフェもたくさんあり気に入ってしまったからです★

あとはやっぱり、アルマトイで出会ったカザフスタン人や旅人の人達がとーっても優しくて、良い人が多く、彼等と過ごすのが楽しかったのも長居した大きな理由です。

スポンサーリンク

もっとアルマトイに居たかったですが、今後の旅の日程に支障がでるのでアルマトイを後にキルギスのビシュケクを目指します。

ビシュケクへ行くバスはサイランバスターミナル(Syran bus terminal)から出ています。

バスは何本かでているので2GISで時間やバスの番号など出ているので確認してみて下さい★

サイランバスターミナル(Syran bus terminal)に到着です!!!

サイランバスターミナルに着いたらタクシーなどに声をかけられますが、ミニバス・マルシュルートカ(マルシュートカ、маршрутка)のチケット売り場はバスターミナルの中にあるのでスルーしてください。

バスターミナルの建物に入って右手側にチケットオフィスがあります。

チケット代は1,500ソム(約500円)

建物内に両替場所があるので余ったテンゲはここで両替するといぃですよー★

ただ、キルギスソムはないので、私は余ったお金をカザフスタンテンゲからドルに両替しました。

チケット購入売り場の近くにゲートがあるのでチケットを渡してマルシュルートカに乗り込みます。

しかし、ほとんど人が居ません。

マルシュルートカはバスに人が集まったら出発します。。。。これは結構待たないといけません。

車内で待つのも微妙なので場所取りをします。場所取りはしておくことをおススメします!

とりあえず、パクられてもよい服などを窓際に置いて場所取り完了!(ただ、この後少しこの場所の選択を後悔します)

場所取りをして、トイレに行きたいから中に入りたいと言ってゲートを出てバスターミナル内を散策します。

  

バスターミナル内にはちょっとしたレストランがあるので余ったテンゲで食べるのもいいですし、バスターミナル内をふらふらしていたら、空港で出会ったカザフスタン人の友達がわざわざバスターミナルまで来てくれてるじゃありませんか!( ゚Д゚)!!!

キルギスの観光情報を私に伝えるために、バスターミナルに来てくれ、紅茶とパンをご馳走してくれました。みんないい人や、、、泣

友達とお茶しているうちにマルシュはいっぱいになり別れを惜しむ間もなく出発です。

結局バス亭についてから約1時間30分待ってからの出発です。

車内は人でいっぱいです。人口密度が高いのもあって車内は少しずつ暑くなってきます。私は窓際をキープしたので窓を開けれるかと思いきや、私の窓は開きません!!泣


窓際でも片方しか開かないようになっているので、場所取りする場合は窓が開く方をキープすると車内が暑くなっても窓を開けれるので事前にチェックしてください!!

車内が暑いので汗をかきつつバスに揺られること約3時間30分。

カザフスタンのイミグレーションに到着です。

カザフスタンの出国手続き終わると紙をもらいます。

出国審査の建物を出たところに人がいるのでもらった紙を渡さないといけません。

なので、紙は捨てないようにしてくださいね!

キルギスの入国審査を済ませて外にでると、早速タクシーの勧誘がありますがスルーして下さい。

イミグレから約3~5分歩いた先に”P”と書かれたパーキングがあるのでそこでピックアップされます。

マルシュルートカに乗り込み、再度出発します。

ネット情報ではアルマトイで乗ったマシュルートカではなくてもビシュケクに着くそうですが、私の時はアルマトイで乗ったマシュルートカに乗りました。

イミグレの場所から約40分くらいでビシュケクの西バスターミナルに到着です。

歩いていけるホステルがを予約したので歩いてホステルに向かいました。 

アルマトイからビシュケクまで約500円で移動できるなんて安いですね~!

いつマシュルートカが出発するか分からないので午前中にバス亭に行くことをおススメします♪

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »