約500円で乗馬しながら滝まで行けちゃうキルギスの穴場スポット!

イシククル湖の旅でWifiがほとんどなく、ブログの更新が出来ず申し訳ございません。私は元気です!!
今はビシュケクに戻りWifiをやっと使えるので、ブログを更新していきたいと思います!
この一週間面白いこと沢山やってきたので、色々とご紹介しますね♪

まずは、キルギスのカラコルという街から日帰りで行けて、トレッキングも乗馬もできちゃう穴場スポットをご紹介したいと思います!

そんな素敵な穴場スポットはJeti・Oguzという場所です。

ジェティオグはスキルギス語でジェティ=7、オグス=牡牛 という意味で、
7匹の牡牛が並んでいるように見えることからその名がついたそうです。

ジェティオグスの素敵なところはトレッキングの入り口は7つのキャニオンのような岩の風景が広がっており、そっからトレッキングをするとアルプスのような山や川の風景の両方を味わえます。

また、トレッキングして奥へ進むとVodopadという滝もあったりと見所が沢山あるところです♪

私がジェティオグスをおススメする理由は乗馬しながら絶景を見ながら滝までいけちゃうところです!

そんなジェティオグスの行き方と乗馬できるポイントをご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

行き方

Jeti・Oguzはカラコルから車で約30分ほどで行けちゃいます。

マシュルートカでも行けるかもしれませんが、私はアルティンアラシャンで出会ったフランス人のカップルと一緒に行ったのでタクシーを使いました。

大体カラコルからジェティオグスのトレッキングの入り口まではタクシー一台で500~800ソムほどで行けます。

絶景ポイント①

滝までのトレッキングの方向と逆ですが、地図の赤ポイントはちょっとした丘になっており、上からジェティオグスの岩々を眺めることができ、おススメです。

地図上ではこのあたりです。青の矢印はトレッキングの道です。

スポンサーリンク

トレッキング(乗馬ポイント)

トレッキングのルートは以下の通りです。

滝まで歩いていくと約7.6kmほどあります。ただ滝までの道中に馬に乗れる場所があり、滝まで行って帰ってくることができちゃうんです♪

しかも、300ソム(約500円)で!!!

馬に乗って山を歩いていくのはまたトレッキングと違ってすごく楽しいです♪

綺麗な草原を眺めながら登っていくのでむちゃくちゃ絶景です!!!

私達が行ったときは地図の赤ポイントあたりに行くと馬がいました。

ここで交渉開始です。

滝まで行って帰ってくるのに最初500ソムと言われたのですが、つなないロシア語で300ソムで交渉成立!!

他の観光客の人も私達と同じように乗馬で滝まで行ってましたが、往復で一人600ソム支払ったそうです。

皆さん頑張って交渉してください(*´ω`*)

300ソムで交渉成立後、早速馬に乗り滝まで行きます。

初めて馬に乗る方は初めてだということを伝えれば馬を貸してくれる人が綱を引いてくれます。私はアテンアラシャンで馬に乗ったので今回こそは一人で馬に乗りたかったのですが・・・

なぜか私だけ馬主が付き添い。。。なぜ(泣)

途中から彼は歩くのが面倒になったのか私の後ろに乗馬します。

え!??っと思ったけどこれが面白かった。

彼が口笛で”ヒュ~”と音を立てると馬が走りだします。

さらに走らせると小走りになり、ついに本格的に走り出します。

本格的に走るのはちょっと乗ったことがあるだけの私には到底無理なので、楽しかったです♪♪

しかも馬主がついてくれるから安心(*´▽`*)

滝の付近は馬ではいけないくらい道が細くなるので、馬から降りて滝まで歩いていきます。

歩いて約5分ほどで滝に到着!

滝はまあ、ぶっちゃけ普通です。笑

5分もしないうちに引き返し、再び馬に乗馬して戻ります。

このあたりは草原が広がっているので地元の人達はピクニックをして楽しんでました。次回来るときは食べ物とお酒など持ってきてピクニックもいいなーと思いました♪

馬や羊があちらこちらにいて大自然を感じながら乗馬とトレッキングを楽しめます。

帰りは行きに乗ったタクシーに待ってもらっていたのでそのままタクシーに乗って帰りました。

ゲストハウスで出会った友達は主要道路まで車で来ていた観光客に乗せてもらい、主要道路からヒッチハイクで帰ってたので、時間があり費用を抑えたい人はこの方法でも帰れると思います。

大大大満足のジェティオグス!!是非キルギスに行った際は訪れてみて下さい♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »