トルクメニスタンのビザ申請方法を分かりやすく教えます!

夜行バスに乗ってキルギス・ビシュケクから8か国目のウズベキスタン・タシケントに着きました!

タシケントは個人的に見たいところはないのですが、この町に来たのはトルクメニスタンのビザを取得するためです。トルクメニスタンに何があるかといいますと今や有名になった「地獄の門」がある国です。その他はとくに見るところもないのですが、多くの観光客がトルクメニスタンに行こうと試みています。

ただ、トルクメニスタンはとても閉鎖的な国でビザの取得が難しいことで有です。普通の場合には、現地の旅行会社を通じてインビテーションをもらい、ガイドを付け、高額なお金を払ってビザを取得する必要があります。

長期旅行するバックパッカーは大体、国を通過のする名目で最大5日間有効なトランジットビザ取得してトルクメニスタン入りを目指します。
私もこのトランジットビザを取得してトルクメニスタンを訪れたいと思います。

今回はタシケントでトルクメニスタンのビザを申請する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビザ申請に必要なもの           

ビザ申請に必要なものは以下のとおりです。                

  • パスポート            
  • パスポート写真ページのコピー(カラー)  
  • 顔写真(3×4)2枚            
  • トルクメニスタンの次に行く国のビザ(アゼルバイジャン、イランなど)のコピー(カラー)                
  • 申請料$55(ビザ受け取りの際に支払う)   

私はトルクメニスタンの次にアゼルバイジャンへ抜けるルートだったので、アゼルバイジャンのビザを申請しました。

ビザはネットから申請できるeビザか大使館で申請することが可能です。

大使館なら日本人は無料で取れます。

eビザは24ドル手数料がかかります。

私は時間がなかったのでeビザでビザを取得しました。

こちらから申請することが可能です。             

申請した翌日にはEメールでビザが届いたので、カラーコピーを念のため2枚準備しました。

準備するべきこと                

ビザ申請に必要なものとは別に、申請用紙に記入する際に必要な情報で事前に準備すべきことは以下のとおりです。

  •  
準備すること

  • トルクメニスタンにいつ入国したいのか            
  • どの経路でトルクメニスタンを周るのか       
  • 周る都市の名前とルート(携帯は建物内に持って入れないため、メモ用紙に記載する方がよい)   

申請用紙にはトルクメニスタンにいつ入国するのか、どのルートでトルクメニスタンを周るのか英語で記入する必要があります。建物内は携帯電話の持ち込みはNGなのでメモ用紙に都市名を記入して持っていくことをおススメします

トルクメニスタン大使館の場所       

kosmonavtlar駅とoybek駅の間にあります。               

・営業日=月曜日~木曜日                                

・営業時間=9時~12時                

トルクメニスタンビザの申請方法                

まず、トルクメニスタンの大使館では事前の電話予約等は不要ですが、代わりにウェイティングリストに名前を記帳して順番待ちしなければなりません。

このウェイティングリストは6時頃から紙がトルクメニスタンの大使館前に置かれ、来た人から順に名前を記入します。

私はArt hostel(アートホステル)というトルクメニスタン大使館から近いとろこに泊っていたので徒歩で向かいました。メトロは5時30分でもやっているらしいので、メトロで来ることも可能だと思います。       

朝早起きして、トルクメニスタン大使館へ行き、ウェイティングリストに名前を記入します。この時点では名前を記入するだけですので特にパスポート等を見せる必要もありません。  
私が到着したのは6時7分くらいでしたが7番目でした。          

トルクメニスタン大使館は9時から開くので、一旦ホステルに戻り仮眠をとります。 

トルクメニスタン大使館 近くの宿に泊まっていない人は9時まで時間をバザールなどで時間を潰す方が多いです。

朝5時台に起きてそのまま観光するのも結構眠いし疲れる!という方は大使館近くのホステルをおススメします。

私が宿泊したArt Hostelはキレイですし、朝食もブッフェタイプで野菜やハム、卵、パン、フルーツ、ジュースや紅茶などいろんなもの食べれて市民税込みで約11ドルだったのでおススメですよ♪

9時に再度トルクメニスタン大使館へ向かいます。 この際にビザに必要なものを持っていきます。

9時過ぎになると係の人がやってきて、リスト順に名前を呼んでいきます。名前を呼ばれ、パスポートを見せて、門の中に入る際に携帯を置いて建物の中にはいります。                

スポンサーリンク

建物に入ってトルクメニスタンへトランジットビザ欲しいと伝えると、2枚の申請用紙を渡されます。                

1枚は英語で書かれており、質問順に記入していきます。

もう一枚はロシア語ですが、係の人に聞けば親切に教えてくれます。  

この申請用紙にいつトルクメニスタンに入国するのか、どの都市を周るか記入する必要があるのでメモを持っていきましょう!      

トルクメニスタンへ入国日ですが、ビザ発行の所要時間と大使館の営業日を考慮する必要があります。   

ビザの発行は基本営業日5日間必要となります。       

ただ、トルクメニスタン大使館は金・土・日は開いていないので、ビザ受け取りには最低1週間かかるのでそこは考慮しましょう。   

私の場合は以下の日程で申請しました。                     

申請日 2018年5月22日                

入国日 2018年6月1日  

出国日 2018年6月5日        

また、訪問ルートですが、私はトルクメニスタンからアゼルバイジャンへ抜けるルートなので

Dasogas(タシャウス) → Ashgabat(アシガバッド) → Turkmenbasy(トルクメンバシ)

と記入しました。

トランジットビザなので、地獄の門があるDarvaza(ダルヴァザ)の名前は書かないでください。

英語とロシア語の申請書を記入して、最後サインをして、パスポート、パスポートのコピー、写真2枚、トルクメニスタンの次の国のビザのカラーコピーを提出して完了です!!

ビザの状況を確認するための電話番号とEmailアドレスを教えてくれるので、大使館へ行く前にビザの状況を確認することが可能です。

ビザの準備ができるまで、暇なのでウズベキスタンを観光します。
タシケントでやることもないのでこの日中に寝台列車でブハラへ移動しちゃいます♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »