【2018年版】トルクメニスタンビザの運命はいかに・・・

ウズベキスタンのタシケントでトルクメニスタンのビザ申請を行ったわたくし。
ビザ待ちの間時間があるのでブハラに2日間、サマルカンドに3日間滞在し、トルクメニスタンのビザが入手できるかどうか確認しにタシケントまで戻ってきました。
ルートはこんな感じです。

ビザ申請する際にメールアドレスと電話番号を頂いているので事前に確認することも可能なのですが、私の場合は発行予定日に直接大使館に行って確認することにしたのでタシケントに戻りました。

トルクメニスタンビザの結果

前回タシケントで泊まったArt hostelに到着すると、先週ビザ申請した際にお会いした日本人女性の方と再度出会いました。前回は違う宿に泊まっていたそうなのですが。私がこのホステルに泊まるだろうと思い、わざわざArt hostelに来てくれたそうです。

ありがとうございます!!!

Art hostel とトルクメニスタン大使館の位置関係は以下の通りです。

その夜は一緒に近くのスーパーまで買い物して、日本食を作ることに。肉じゃがと炒め物を作る予定だったのですが、しょうゆを持っていないことに気づき(一応スーパーで中華系の醤油は買えるのですが荷物になるので買わず・・・)、醤油抜きの肉じゃがもどきと炒め物、味噌汁、ごはんを作りました。

久しぶりに日本食を堪能し、次の日に向け就寝します。
前回と同様に朝6時にウェイティングリストに記入して9時に大使館に行かないといけません。詳しくは以下の記事を参照ください。

夜行バスに乗ってキルギス・ビシュケクから8か国目のウズベキスタン・タシケントに着きました! タシケントは個人的に見たいところはない...

翌日ウェイティングリストに記入していざ、トルクメニスタン大使館へ日本人女性と一緒に向かいます。

無事ゲットできているといいなー。

先週出会った姉さん(違う日本人女性)は普通にゲットしていたので、私達も問題ないだろーなーと思っていたのですが・・・・

結果、

同じ日にビザ申請した日本人女性はビザゲットできて、私はビザゲットできず。

え“-!

私が申請した際のトルクメニスタン入国日は6月1日。
もう一人の方のトルクメニスタン入国日は6月3日。

今日は5月29日。

私の方が時間的に差し迫っているのになぜだよ・・・

理由を聞いたところで、大使館の人は書類をトルクメニスタンへ送っているだけだから理由など分からないと。

ごもっともですが、、、おーーーい!

とりあえず、明日もう一回行ってみることに。でも明日(5月30日)にビザをもらえなかったらヒバまでの移動手段を変更する必要があります。

なぜならタシケントからヒバまでの列車は夜行列車のみ。

6月1日までにヒバに到着してヒバを観光しようと思うと、明日(5月30日)朝ビザをゲットしてその日の夜に出て31日の朝到着するのが一番理想。

明日(5月30日)ビザをゲットできなかった場合、選択は2つ。

  1. 31日の朝に再度行って、ビザをゲットしたら飛行機で50-60ドル払ってトルクメニスタンボーダー近くのウルゲンチまで飛ぶ。(写真:赤矢印)
  2. トルクメニスタン行きを諦めて、残りのウズベキスタンの観光地ヒバ、アラル海を見つつ、ウズベキスタンを西に移動してカザフスタンのアクタウからアゼルバイジャンへ抜ける。(写真:青矢印)

1だともう一泊この何もないタシケントに一泊しないといけないし、ビザも出るかわからない、ビザが出た瞬間に飛行機をとって飛ばないといけないので、費用も掛かるし、ヒバも観光できない。

2だとトルクメニスタンには行けないがウズベキスタンの他の観光名所も周れるしカザフスタンのアクタウ周辺の塩湖も行ける。タシケントで無駄に11ドル払って宿泊する必要もない。

費用と効率を考えるとトルクメニスタンを諦めるのが妥当。

とりあえず、今日の午後にもしかしたらビザがおりるかもしれないので電話してくださいと大使館の人に言われたので、ホステルの人に電話を借りて電話してみましたが、やはりまだおりていないとのこと。。。これは雲行き怪しい。。。明日もビザおりないかも。。。。
ホステルで3週間トルクメニスタンのビザ待ちしてたイタリア人にもあったし、ビザを取れる自信がなくなってきた。。。

明日の結果次第なので、この日は就寝。

スポンサーリンク

翌朝(5月20日)、6時に一人でまた大使館にウェイティングリストを書きに行って、9時に再度挑戦!!

お願いだ!!!おりてくれー!!!!

祈りも儚く、ビザの準備が出来ていませんとの回答。。。

まじかよ!!!

とりあえずどーしても今日ビザが必要だと必死に通訳の女性を通して抗議!!!

もしかしたら、今日の午後にビザがおりるかもしれないから待ってくれと。ただ保証はできませんと。昨日と同じ回答じゃないかー!!!

今日の午後に仮にビザがおりたら、今日中にビザを発行できるのか?と質問すると回答は“NO”

ビザの受付時間は9時から13時までだし、ビザを発行する人は忙しいとのこと。

おーーーい!!そこを何とかしてくれないか!!???

と依頼するも回答は“NO”

となると仮に午後ビザの許可が降りたとしてもビザ自体をゲットできないなら、意味がない。

時刻は10時30分。

もし、トルクメニスタンを諦めて夜行列車のチケットを買うなら、今から買いに行ったほうがいい。(チケットがなくなる可能性が高いので)

なので午後ビザがおりるかなんて待っていられません。。。トルクメニスタンを諦めるか今判断しないと。。。

トルクメニスタンの見所といったら地獄の門くらい。

ビザ代55ドル、入国税14ドル。明日のウルゲンチまでのフライト50ドル。

地獄の門にむちゃくちゃお金かけるやん!それだったら違う場所を見に行くのもありだな。。。

ということでトルクメニスタン行きをあきらめ、その日の夜行列車でウルゲンチ行きのチケットを購入しました。

一番安いクラスで109,000ソム(約1,490円)!さよならトルクメニスタン!!!

その日の午後はカザフスタンのアクタウまでの行き方や宿泊場所などを調べて準備していました。

そしたら一通のメールを大使館の通訳から受信しました。

“グッドニュースだよ!!あなたのビザの許可がおりました!!”

え”!!!!

“ただ、ビザは今日発行できないから明日取りに来てください!”

ええええええ!!!

心はもう違う旅のプランに染まりつつあったのに、急にまたトルクメニスタンが現れてきました。

しかも受付時間がちょうどしまった13時過ぎに連絡がくるとは。。。

すぐさま、ホステルの人に頼んで電話を借りて、女性に電話。

“ビザをどうにかして今日ゲットできないか?”と聞くと、

“ビザを発行する人がお昼ご飯に行って現在いないし、その後は違う場所に行ってしまうから無理かも。”と

私はいつでも大使館に行けるから、ビザを発行できる人が戻ってきたら発行してください!!ビザ発行なんて数分で終わるんだし、すぐできるやん!今日本当に必要なんですーーー(*ノωノ)!!!

と女性にねだりまくります。

女性もちょうど受付時間が終わった後にビザの申請がおりた連絡が来たので、私のことを気の毒に思ってくれたのか、ビザを発行する人に頼んでみるね。と言って、15時頃まで待ってと言われ、一旦電話を切ります。

さて、この2時間はソワソワして代替旅プランもまともに練れず、紅茶を飲もうとしたら手をやけどするわ、もうハチャメチャ。笑笑

もし、明日(5月31日)ビザを取りに行くとしたら、夜行列車をキャンセルしないといけません。ダメ元でホステルの人に夜行列車はキャンセル可能できるのか確認してみると、列車の発車前に駅まで行ったらキャンセル料を払えば一部お金は戻ってくるそうです。

最悪、列車をキャンセルしてフライトで飛ぶか、翌日(5月31日)の夜行列車に乗ってトルクメニスタン入国を6月2日にするかだなー(注意:入国日が遅れても出国日は変わりません!!つまりトルクメニスタンの滞在時間が減るだけ)とぼんやり考えながらやけど部分を冷やしていると、一通のメールが。。。

一言、“Call me now(今私に電話して)”

すぐさま電話をしてみると、今ビザ発行人が戻ってきたので大使館に来れますか??”とのこと。

もちろんすぐ行きます!!!

パスポートとお金を握りしめ走って大使館へ。

やっとの思いで大使館へ行くと、ビザ発行人の男性が!!!

パスポートとお金を渡して、、、

待つこと数分。

ついに、ついに、

トルクメニスタンビザゲットー!!!

この時ばかりはちょっと感動。。。

トルクメニスタンなんてめんどくさい国なんだー!!!地獄の門へ行けるんだー!!!

宿に戻り、ホステルの人にビザゲットの情報を共有し、祝福されます。

よし!これで予定通り、夜行列車に乗ってウルゲンチおよびヒバに行くぞーーー!!!

そして6月1日、いよいよトルクメニスタンへ入国です!!!

ビザ申請を通して分かったことのまとめ

  • ビザが通るかは運次第です。いつビザが下りるかも運次第です。
  • ビザの許可が下りていれば、ビザの発行は時間外でも頑張っておねだりしたら発行だけなら可能。
  • ビザの確認方法はメールより電話の方が確実。(宿泊の人に頼めば電話は大体借りれます)
  • ビザの入国日はビザを申請した時に書いた日にちから変更不可能です。(日にちを変更する場合、また一からやり直しになります)

トルクメニスタンの入国日を早く申請したからといって優先的にビザを出してくれるわけではありません。基準は全く不明。運です。笑

NOと言われても諦めずに気持ちを伝えることが重要!私のケースみたいに特別にビザを時間外に発行してもらえたりします。うまーくおねだりしてみて下さい。

カザフスタンのアクタウにも行きたかったですが、念願の地獄の門へ行ってきまーす!!!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

コメント

  1. 佐川 亜矢子 より:

    はじめまして。現在タシケントでトルクメニスタンのトランジットビザ待ちをしている日本人女性です。楽しく拝見しています。
    申請してから10日経ちますが、今日大使館に行ってみたところ「まだビザがおりていない、明後日来い。でも確約はできない。」と言われました😭。ひなさん同様、いやそれ以上にはまっています。
    大使館のメールアドレスも電話番号も教えてもらえなかったので、ひなさんがお持ちの情報をメールで教えていただけないでしょうか。不躾なお願いで恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
    明後日22日になっても発行されなかったら、トルクメニスタンは諦めて他の国に移動します。タシケント、もう見るところないです。。。

    • hina-tabi より:

      ご連絡ありがとうございます!
      まだ発行されていないんですね・・・
      こればっかりは誰も分からないので祈るしかないですよね。
      mailと電話番号を佐川さんのメールアドレスにお送りさせていただきますね!!
      電話とmailで連絡を沢山したら顔は覚えてもらえるのでもしかしたら何とかしてくれるかもしれません(><)
      早く発行されるといいですね。。。
      tmtashkent@gmail.com

Translate »