【2018年度版】ウズベキスタンからトルクメニスタンへ国境越え方法・費用・時間まとめ

トルクメニスタンのビザも無事取得し、いよいよトルクメニスタンへ突入です!!

ウズベキスタンのタシケントでビザを入手し、その後夜行列車でタシケントからウルゲンチへ移動しました。ウルゲンチからヒヴァへ移動してヒヴァ観光をしたのち、ヒヴァからウルゲンチへ戻って、ウルゲンチからバスでウズベキスタンの国境を目指します!!

ウズベキスタンのヒヴァからトルクメニスタンへの国境越えをしたのですが、までの行き方と費用、時間などをまとめました。

これからトルクメニスタンへ行かれる方は是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ヒヴァからウルゲンチへの行き方 

9:00 私が泊まっていたヒヴァアベリックB&Bを出発します。

ヒヴァアベリックB&Bは値段はそこそこ安く(1泊12ドル)、バス亭に近く、朝食付きだったので選んだのですが、、、

朝食がむちゃくちゃ豪華でした。

これ、一人前です。笑

たらふく朝ごはんを食べた後は、チェックアウトしていざトルクメニスタンへ!!

宿からウルゲンチ行きのバスは遠くないので歩いて向かいます。

バス亭の場所はここです。

ヒヴァからウズベキスタンの国境まで行くバスがあり、上の写真のバツ印の所から出ているという情報を入手していたのですが、実際に行ったらバス亭がなくなっていました。

理由はマーケットが昔印の近くにあったのですが、現在マーケットが新しい場所に移ってしまったので、バス亭も移動しているので注意して下さい!!

新しいバス亭場所はこちらです。

一応ヒヴァからウズベキスタン国境までのバスが出ているらしいのですが、15時発の1日1本しか出ていません。

15時発だとトルクメニスタン入りが遅くなるので、私は無難に一度ウルゲンチに戻ることにしたのです。もちろん、ウルゲンチに戻らなくてもタクシーで国境まで行くことも可能ですが1人だと少し高くつきます。

さて、話を戻しまして、宿からウルゲンチのバス亭まで歩いたのですが、10分もあれば余裕で到着します。

9:30 ウルゲンチ行きのマシュルートカが出発。料金は2000ソム(約27円)。

10:00 ウルゲンチに到着です。マシュルートカが到着するのはこの場所です。

バスターミナルは”バス乗り場”と記載したところです。(バス亭の写真を誤って削除してしまいましたので写真はありません・・・)

次に乗りたいのがウズベキスタン国境まで行く294番のバス。私が言った時は277番のバスと213番のバスが止まっていました。294番のバスはいつ来るのか?と聞き込みをしていると次の次にやってくるとのこと。。。

ちなみに213番はウズベキスタン国境近くのshovotという街まで行きます。294番に乗れない場合213番に乗って、そこからタクシーで行くとよいですよ♪

うーん、少しまってみることに。待ち時間にバス亭近くのお店でお水を購入。

戻って、少し待っていると294番発見!!!

意外と早くバスが来てよかった。

11:21  294番のバス出発!!料金は2000ソム(約27円)。

12:20  shovotに到着。ここで少しバスが停車した後、再度出発します。

ウズベキスタンの出国審査

13:30  ウズベキスタンイミグレに到着。(バスは国境ギリギリの所で降ろしてくれます。)

宿泊登録証や夜行列車のチケットはチェックされませんでした。
私はお土産で買ったスザニを持っていたので内心少しドキドキしましたが、まったくチェックされず問題ありませんでした。

ウズベキスタンからトルクメニスタン間は歩いて行ける距離なのですが、徒歩で行くことは禁止されているので、タクシーを使用します。

事前情報だと、タクシーは1ドルで行けるはずなのに、タクシーの運転手に1ドル渡すともう1ドルよこせ!と言ってきたのでウズベキスタンソム8,000ソム(約109円)を支払ってごまかしました。

トルクメニスタンの入国審査

13:45 トルクメニスタンイミグレに到着

まず、入国するためには紙に必要事項を記入する必要があります。現地語と英語の両方あるので、英語の紙がなければ制服着ている人に頼んで紙をもらって下さい。
入国審査では長打の列だったのですが、私が観光客だからかなぜか優先的に案内されました。

聞かれたことは以下の通りです。

  • トルクメニスタンに来た目的(観光ではなくトランジットと答えてくださいね!)
  • 何処の都市に滞在するか
  • トルクメニスタンに入ってから出るまでの日程(何日にどこの都市にいるのか)
  • 宿泊先のホテル名
  • そこまでの移動手段
  • 次の国アゼルバイジャンビザのチェック(ビザをプリントアウトして持っていきましょう)
  • アゼルバイジャンまでの行き方

目的は決して観光と言わないようにしましょう!なぜなら、トランジットビザなので。
私はもともとホテルには泊まる予定ではなかったですが、あらかじめ調べておいたホテル名を伝えました。次の国のアゼルバイジャンのビザはチェックされるのでプリントアウトして持っていったほうが良いです。ちなみに、アゼルバイジャンに到着した時もビザの紙が必要なので2枚あるとよいです。

パスポートを渡して、上記の質問に答えた後、隣のボックスで入国税14ドルを支払います。

支払ったレシートを持ってまた、先ほどの場所に戻ってレシートを渡すとパスポートを返してもらえます。

その後、荷物検査をします。

私の時は英語が話せる女性が来て通訳をしてくれました。

聞かれた内容は、

  • 薬はあるか
  • 銃は持ってるか
  • 伝統工芸品はあるかなど。

薬は沢山持っていたのですが、そのうちの気になる薬について説明したら問題なかったです。
サブバックの中身は見せてと言われたのでバックを開けましたが、メインのバックパックはノーチェックでした。(スザニが入っていたので開けられなくてよかったー。。。。)

無事入国手続きが終わり!!!!
晴れてトルクメニスタンへ入国です!!!!!!!

トルクメニスタン国境からタシャウス、ダルヴァサ

ゲートを出るとすぐに沢山のタクシーの運転手が寄ってきます。私はシェアタクシーを見つけて3ドルでタシャウスの駅まで移動しました。
ただ、違う日本人女性から後で聞きいたのですが、国境からダルヴァサまで5ドルでシェアタクシーで行けたようです。うまく交渉が出来たら国境からシェアタクシーで乗って行ったほうが安いと思います!

15:00 タシャウス駅到着。

タクシーの運転手に両替出来ないかと頼むと、両替をしてくれます。
トルクメニスタンではタクシーや宿泊施設はドル払いが可能なのですが、食事や列車はマナトで支払うのでマナトが必要です。まだ、マナトを持っていないのでここで両替を試みます。

トルクメニスタンでは公式レートが1ドル3.5マナトなのですが、
闇レートだと1ドル20マナト

になるようです。むちゃくちゃレートが違うので闇レートで両替したほうがいいです!!

ただ1ドル20マナトの両替は地元の人に変えてもらうなどしないと中々出来ません。
旅行者が両替するとなると1ドル10マナトが普通だと思います。

先にトルクメニスタンに入った女性はタクシーの運転手にドルを両替した際、1ドル4マナトだったそうです。一方、ウズベキスタンソムは1,000ソム1マナトだったそうです。ウズベキソムの方がレートがいいという。

闇レートの場所は地元の人に聞かないとよく分かりません。通常マーケットの近くにあるようですが。。。

私はタクシーの運転手に余ったウズベキスタンソムを交換してもらいました。レートは1,000ソム1マナトでした。

無事両替を済まして、タシャウスの駅付近をうろつきます。

ネット情報だとタシャウスの駅付近にアシガバート行きのシェアタクシーがいるはずだったのですが・・・ 

シェアタクシーの気配なし。

そこらへんにいた警察官にアシガバート行きのシェアタクシーについて聞き込みをしてみるが、言語の問題で分からず。。。

どうしようかとしばらく道端で突っ立ってると一台の車が近くに寄ってきて英語で話しかけてきます。

タクシーかな?と思ったら普通に通りすがりの人で私が困ってそうだったので止まってくれたようです。英語が通じる!!ありがとう!!!
英語と中国語喋れるお兄さんで、ダルヴァサまで行きたいと伝えるとこの場所じゃないと言われます。

ということで、シェアタクシーの場所まで連れてってくれることに。。。

場所はここです。

タクシーの運転手と交渉して85マナト(約8.5ドル)で交渉成立。ドル払いだと20ドと言われたのでマナトで交渉しました。

16:10 タクシー出発

途中休憩をはさみながら進みます。

コーラ 5マナト(約0.5ドル、公式レートだと約1.4ドル)←値段が全然違いますよね!!!

サモサ 1つ1マナト(3つも購入しましたが、 かなりマズイ)

道中は隣に座った親子の子供がずっと私に話しかけてきて、とっても可愛かった~♡♡♡

19:30 チャイハネ到着

事前に調べていたチャイハネは無く、遠い方のチャイハネしかありませんでした。

今日は風がかなり強め。目が開かないくらい砂が舞ってます。
生きて帰れるかしら、、、

まとめ

費用と所要時間のまとめ

・ヒヴァからウルゲンチ  約30分 2000ソム

・ウルゲンチから国境  約2時間 2000ソム

・ウズベキスタンとトルクメニスタン国境  1000ソム

・トルクメニスタン国境からタシャウス  約1時間 3ドル

・タシャウスからダルヴァサ  約3時間 85マナト

合計12.1ドル(約1,300円)

所要時間約6時間30分

で国境越えをしましたー!

ウズベキスタン(ヒヴァ)からトルクメニスタンへ抜けるときの注意点

・ヒヴァからウズベキスタン国境へのバスは1日1本(15時)のみです。バスは新バザールの近くから出ています。(旧バザール付近にはバスはありません。)

・トルクメニスタン国境出たら、シェアタクシーでダルヴァサまで5ドルで行けるようですので、これが一番最短で安く行けます。

・マナトに両替する際は闇レートで両替した方がお得です。(タクシーの運転手に頼んで両替する場合は、ドルよりウズベキスタンソムの方がレートが良いです。

 

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »