トビリシから日帰りスポット!カズベキでプチハイキング♪

カズベキ(Kazbeki)はトビリシから北に150㎞程いったところにある村で、トビリシから日帰りで行けるので観光客から人気のスポットです。

このカズベキには山頂に14世紀にたてられたツミンダ・サメバ教会があり、町から教会までの道のりがショートハイキングコースとして観光客に人気があります。教会からはコーカサスの高峰、5,047mのカズベク山を見ることが出来ます。

トビリシ(Tiblisi)からカズベキ(Kazbeki)に行く方法と料金

カズベキに行くにはまず、北バスターミナル(Didube bus station)に行きます。

ここでタクシードライバーと交渉をします。バスターミナルからカズベキまでの直通のマシュルートカが出ていますが、カズベキに行く途中にいくつか立ち寄りスポットがあるので、ドライバーの人にカズベキまでいくつか寄って欲しいとお願いすると立ち寄ってくれるのでせっかくならタクシーで立ち寄ってからカズベキに行くことをおススメします♪

ちなみに、
マシュルートカは朝8時~18時(冬は~13時まで)
1~2時間に1本出ているそうです。
所要時間は約2時間30分。値段は10ラリ(約440円)

私達は3人でしたし、立ち寄りたかったので、タクシーで行きました。

最初に交渉した際は、

3ストップで50ラリ

ノーストップで10ラリ

と言われましたが、もうちょい粘って交渉した結果、

3ストップで15ラリで交渉成立。

8:35出発

道中はジョージア軍道と言われるトビリシとロシアのウラジカフカスを結ぶ約200㎞の道です。1799年にロシア軍が軍事用に切り開いたもので、ロシアとコーカサスを結ぶ重要な道だったそうです。

タクシーの運転手がいくつかのスポットに止まってくれます。

最初に止まってくれた場所はダム?のような場所。

その次はアナヌリ教会
アナヌリ教会はこの地域を統治していたアラグヴィ公爵家の持ち物で他のグルジアの教会と同じように要塞としての役割もあったそうです。

城塞の中には2つの教会があり、山側(道路側)がイエスキリストに捧げた教会、湖畔側が聖母マリアに捧げた教会

その次は川のスポット。2つの川が交わっているのですが、川の色が違うのがわかりますでしょうか?
すでに3つだけど、、、これはタクシードライバーの好意で止まってくれたっぽい(*´ω`*)

そして次の名所はロシアとジョージアの友好記念碑。1983年にロシアがグルジアとの友好200周年を記念して建設したそうです。

曇っていて伝わりにくいですが、この記念碑は山の中腹にあり崖付近に建てられていています。天気が良ければ景色もむちゃくちゃキレイだと思います。

いくつかスポットをめぐり11:30にカズベキに到着!!

さて今回のメインツミンダ・サメバ教会目指して出発!
ちなみにその教会は左側の山の上に立っているやつです。笑

カズベキからツミンダ・サメバ教会までのハイキングコースは観光客に人気があり、教会からはカズベキのキレイな景色を楽しめます。

ルートはこんな感じです。教会までは2.5kmの道のりです。

実は教会までは車でも行くことができるので車道があるのですが、遠回りになります。なので、トレッキングする方は以下の写真の道を通ることをおススメします。ただし、ちょっとばかり急な坂が続くので、お好みで車道と近道を使い分けて登ってください♪

途中水を補給できるところがあるので、水がなくなりそうであればピンが立っている所で補給してください。

さて、グネグネした山道が終わると最後の難関!教会までの坂道に入ります。

道は砂地なので、滑り止めがないスニーカーで行くとかなり滑ります!

とっても危険なので、トレッキングシューズかちゃんと滑り止めがあるスニーカーで行くことをおススメします!実際、一緒に行った他の2人の人はかなり滑ってました。笑

ツミンダ・サメバ教会に到着!!!

こっからの景色は最高です!!!町を見渡すことができます♪
向こう側に見えるのがカズベキ山(のはずです。)

ここでお昼ご飯を食べて、ゆっくりします。。。ボケーっと景色を眺めてるだけで時間があっという間に過ぎていきます。

ただ、私達は日帰りなので最終の18時のマシュルートカに乗ってトビリシへ帰らないといけないので、下山します。。。

スポンサーリンク

カズベキ(Kazbeki)からトビリシ(Tibilisi)へ帰る方法・料金

カズベキからトビリシへはタクシーではなくて、マシュルートカで帰ります。

マシュルートカの時間は以下の通りです。金額は10ラリです。

私達は最終の18時前にマシュルートカ乗り場に行きますが、、、、、

満席で乗れず( ゚Д゚)!!!

最終のマシュルートカはお客さんが駆け込んで乗るので早く埋まってしまうのかもしれません。18時のマシュルートカを乗って帰ろうと思っている方は、早めに乗り場に行くことをおススメします!!!

私達はマシュルートカを諦め、バス亭近くに止まっているタクシーの運転手に値段を聞くも、1人20ラリから中々下がりません。

そこで流しタクシーを捕まえて交渉したら1人10ラリで行ってくれる!!!!

やったー!と思ったのもつかの間、20ラリと言ってきた太ったタクシー運ちゃんが私達の後を追ってきて、10ラリでOKと言ってくれたタクシーの運転手に何か言ってきます。

そうすると10ラリと言ってくれたタクシーの運転手さんが”NO”と言って居なくなったではないですか!!

あの運ちゃん余計な事いったな!!邪魔するんじゃないよ!!!

その後も私達が違うドライバーに交渉しているとその運ちゃんがやってきて、20ラリから下がらなくなってしまいました。

ほんっっっと腹立つ!!あの太った運ちゃん!!!(。-`ω-)

仕方ないので場所を変えてヒッチハイクをする事に。

ただ時間が遅いだけにトビリシまで行く車がなかなか見つかりません・・・

私たちがヒッチハイクを頑張ってたら、あの太ったタクシー運ちゃんがわざわざ渡地達に手を振って悠々と去って行くではありませんか!
あの運ちゃん!!!むちゃくちゃ腹がたちます(。-`ω-)!!!!!!!

このまま待っても車の数が減るだけですし、タクシー運ちゃんが有利になるだけなので再度タクシー乗り場に戻ってタクシー探しをします。

時刻は19時前、タクシーの数も少なくトビリシまで行く運転手さんが見つかりません。

20ラリで行くかー、、、と思っていたら最初タクシーを探していた時に話をした運転手が話しかけてきました。

タクシー1台50ラリと言っていましたが、3人なので割りやすいように45ラリ(1人15ラリ)まで交渉成立!!!

はぁーやっとこさ帰れました。。。

まとめ

料金について

・トビリシからカズベキまでマシュルートカで10ラリ
 タクシーは3人でシェアした場合直行が1人10ラリ。途中観光地を寄った場合1人15ラリ

・カズベキからトビリシまでマシュルートカで10ラリ

・トビリシからカズベキに帰る際は、タクシーは1人20ラリ請求される。

トリビシからカグドベへ日帰りで行く際の注意点

・マシュルートカで帰る場合は早めに乗り場に行く方がよい。

 →特に最終便18時のマシュルートカは満席で乗れない可能性が高いです。

・タクシーを使用する場合、行きで乗ったタクシーの運転手さんに数時間待ってもらって帰るのがよいと思います。
 →トリビシからカグドベまで直行で行けば10ラリなので、帰りを直行で帰れば10ラリで帰れます。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »