【女性は要注意】トルコのウユニ塩湖!トゥズ湖への行き方

当初ジョージアのバトゥミからカッパドキアがあるギョレメまで一気に移動する予定だったすですが、トラブゾンでギョレメへのチケットを購入しようとしたら、まさかの満席!!

仕方がないので、トラブゾンからトルコのアンカラへ行って、アンカラからギョレメへ行くことにしました。アンカラからギョレメの間にトゥズ湖というトルコのウユニ塩湖があるので寄ってみましたー♪♪

変更プラン(赤矢印)

バトゥミ(Batumi):日中バス移動

トラブゾン(Trabzon):深夜バス移動

アンカラ(Ankara):早朝到着

トゥズ湖(Tuz lake):バスを途中で下車

ギョレメ(Goreme):ヒッチハイク

スポンサーリンク

アンカラからトゥズ湖までの移動

アンカラのバス亭に朝7時40分に到着!

バスターミナルでトゥズ湖行きを探します。

聞き込みをすると、アンカラではバスのチケット売り場に各番号があり、トゥズ湖行きのバスは47番のカウンターの”Tuzgolu”でバスチケットを購入することが可能だそうです。

お値段は25リラ(約575円)

 

バスが何時発がちょと忘れてしまいました。すみません(*ノωノ)

11:00到着 トゥズ湖到着!!

ちなみに、トゥズ湖で降りたのは私達だけでした。笑

入り口はこんな感じです。

奥に進むと出てきました!!!塩湖!!

ボリビアのウユニ塩湖の方が規模がデカいので、やっぱりウユニ塩湖の方がすごいですが、トルコにこんな塩湖があるの知らなかったので来れてよかったです♪♪

私達はバックパックを担いでここまでやってきているのですが、こんな荷物持ってきている人なんて誰もいないので、記念にこの荷物を持った私達を撮影します♪笑

一旦、バックパックを塩の上に置いてワイヤーロックでお互いのカバンをくくりつけます。

奥に進むと、水が張っていてちょっとした鏡張りも見れます。

トゥズ湖はちょっとピンク色しています。

あと、プチアドバイスですが、写真を撮る時には三脚があった方がいいです!!!

一緒に旅した女の子が三脚を持っていたので助かりました♡ありがとう!!

思う存分写真を撮った後は、トゥズ湖からカッパドキアのギョレメまで移動します!!

こっからが大変でした。。。

トゥズ湖からギョレメまでの移動

トゥズ湖からギョレメまでですが、バスが無さそうなのでヒッチハイクで頑張るしかありません。もしかしたら、バスがあるのかもしれませんが少なくとも私達が見た限りはバスはありませんでした。

ネットでは、トゥズ湖の隣の町のアクサライまでどうにか行けば、そっからバスがギョレメまで出ているらしいのですが、どちらにせよヒッチハイクする必要がありそうです。。

ヒッチハイクして約5分後に一台のトラックが到着。

そのバスの運ちゃんは英語が話せず、Googleトランスレーションを使おうにも私達はトルコ語をダウンロードしていなかったので、会話は不可能。しまった!!

普通のおじさんだったのですが、彼のトラック運ちゃん友達が並走していて、彼とコーヒーブレイクをとることに。友達運ちゃんの携帯でGoogleトランスレーションで会話を始めます。ここまでは良かったんです。(写真は普通のおじさんの方、右側が友達運ちゃん)

ここまでは!!

友達の運ちゃんが私達のトラックにやって来て最初は自己紹介していたのですが、何やら休憩を1時間程したいと言ってきます。まぁ、1時間なら時間潰せるけど、降りてまたヒッチハイクしようかー?などともう一人の女の子と話をしていたら、、、
友達運ちゃんが休憩を5時間したいと言い始めて、、、

なんか怪しいので、ギョレメに連れてってくれるのか再度確認を試みます。

そしたら、その返答が

”休憩”

”セ〇クス”の文字が!!!

はぁー???!!!( ゚Д゚)!!!

”No No !!! ”

と言い続けても

Why??? 

と言ってきます。

私達には夫も子供もいます!←もちろん嘘ですが。
セ〇クスなんかしません!

と返すと、また

Why?? 

と言ってきた。

バカじゃないんだろうか?

ただ、この状況はまずい、、、男性2人に両ぎわを固められている。

しかもトラック。逃げようにも車高が高くてすぐに逃げれない。。。

とりあえず

もう降りるわ!!(。-`ω-)!!!

とキレぎみでジェスチャーで伝えると、友達運ちゃんは自分のトラックに返っていきました。

よかったーー(;´∀`)

もうこのトラックにも乗りたくないので少ししたら下ろしてもらいました。

お腹が空いたので腹ごしらえ。

安そうなお店でお昼ご飯をたべてると西洋人カップルがヒッチハイクをしていました。数分後、いなくなっていたのでヒッチハイク成功したのでしょう。

私達も懲りずに再度またヒッチハイクにチャレンジ!!

今度は小さめのトラックの兄ちゃんが止まってくれました。

トラックの後ろに荷物をおき、乗り込むと早速何かを話してきます。

もちろんこの兄ちゃんも英語は喋れません。

私達もお昼にグーグルトランスレーションのトルコ語をダウンロードするのを忘れおり、またもや何言ってるか分かりません。しまったーーー!!!

分からん!とずーっと私達が言っていると。

指で輪っかを作って、手を入れているジェスチャーをしてくるじゃありませんか!( ゚Д゚)!!!

そして兄ちゃんが唯一知っている英語なのか、

”セ〇クス”と言ってきます。

またかー!!(。-`ω-)!!!

とりあえずNOと言いまくりますが、懲りずにずっとセ〇クスの話ばかりしてくるので降ろしてもらうために、近くのガソリンスタンドでトイレに行きたい!!

と言って降ろしてもらいました。トラックの後ろに乗ってた荷物も無事ゲット。。。

よかったー(;´∀`)

もうトラック系はうんざりの私達。

出来ればヒッチハイクはしたくないが、このガソリンスタンドの近くには本当になんもありません。

仕方ない、、、

乗用車をターゲットにヒッチハイクをするしかありません。

トラックはスルーして乗用車めがけて手でサインを送ります。

開始10分くらいで一台の乗用車が止まってくれました。
窓が開くと男性と女性の姿が!!女性がいるー!!

ちょっと安心♪

ギョレメに行きたいと告げるとokと言ってくれました。

ありがとう!!!

2人はカップルでとても良い人で、途中彼氏がわざわざお水と紅茶を私達に買ってくれました。

トラックの運ちゃん達とのやりとりに疲れていた私達に紅茶の甘さが癒してくれ、有り難さが染み渡ります。。。

色々ありましたが、無事トゥズ湖からカッパドキアに到着しました。

今回まだ2人だったから良かったですが、トルコで女の子1人のヒッチハイクは本当におススメできません!!

公共交通機関で移動するのが一番いいですが、どうしてもヒッチハイクをする場合は、乗用車で男女が乗っている車に乗ることを強くおススメします!!!

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »