カッパドキアをレンタルバイクで駆け抜ける!

トルコのウユニ塩湖と呼ばれるトゥズ湖からカッパドキアへやっとの思いで到着しました。
カッパドキアは日本でもかなり有名な観光名所なのでそこまで期待はしていなかったのですが、いざ着いてみると異世界のような風景に圧倒されました。

町自体がすべてこの独特な風景が広がっていて、ディズニーランドを歩いているような気分になります。

ホステルも洞窟みたいになってます。

今日はレンタルバイクをしてカッパドキアを観光したいと思います!

スポンサーリンク

カッパドキアの観光ルート

カッパドキアを周るには3つほどメジャーなルートがあります。

Red Tour・・・一番メジャーなルート。バイクで周ることが可能。
Blue Tour ・・・一回カッパドキアへ来たことがある人向け。ツアーで行くのが普通。
Green Tour・・・巨大な地下空間や森林をトレッキングできるコース。ツアーで行くのが普通。

私達は無難にRed Tourをレンタルバイクして行くことにしました。

レンタルバイクについて

レンタルバイク屋さんはギョレメのバスターミナル近くに沢山あるので、お店に行って聞いてみるのがベストだと思います。

私達が選んだのはバスチケット売り場の左手側にあるお店。

8時間レンタルで一台70リラ(約1,610円)。

+ガソリンを使った分だけ後で支払います。

借りる際は身分証明書(パスポート)と国際免許証が必要です。

日本では普通免許証で原付を運転できますが、海外だと運転ができません。
私は普通免許証しかとっていないので、本当は運転できないのですが何かあった時は自己責任で何とかするならいいよ。と貸してくれました。

借りる時に、100リラデポジットとして渡す必要がりますので現金を準備してくださいね♪

私達は12:00-19:50までの8時間レンタルしました。

レンタル代 70リラ

ガソリン代 8.45リラ

合計78.45リラ(約1,804円)

1人約900円くらいで済みました。

スポンサーリンク

観光ルート

私達のルートは以下の通りです。

ギョレメ(Goreme)→チャウシン(Cavusin)→アバノス(Avanos)→ゼルヴェ(Zelve)→キノコの場所(Urgup) →

チャウシン(Cavusin)

チャウシンは私達の想像以上に楽しんだ場所です。

色々散策することが出来き、楽しかったです。

なぞにソファーがあったり。。。笑

休憩したり、、、

アバノス(Avanos)

次に向かったのがアバノス。アバノスはちょっとした町でそこまで見るところはありませんでした。

町を見渡すことが出来る丘に登りました~♪

ゼルヴェ(Zelve)

セルヴェには野外博物館があります。

ここには住居が無数にあり、多くの人がここで生活していたことが分かります。博物館といっても峡谷を歩きながら散策できるのでここもおススメです。

入場料は10リラ(約230円)

ここにはつい最近まで人々が住んでいたらしいですよー。

分かるでしょうか?窓や人が登っていたであろう階段も見えます。。。

広いですし、結構登ったりできるので運動靴と動きやすい服装で来てくださいね♪

ユルギュップ(Urgup) 

キノコの形をした岩があります。

まあ、個人的には時間があったら行けばいいかな。という感じでした。笑

8時間たっぷり楽しんでギョレメに帰ってきましたー!!

皆さんも是非カッパドキアへ行った際は訪れてみて下さい♪

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »