実際はいかに?パムッカレの現状を確認してきた!

思った以上に満喫したカッパドキア♪カッパドキアからどこに行こうか悩んだあげく、結局パムッカレを目指すことにしました。パムッカレは石灰棚が広がっており、世界遺産に登録されているところです。ただ、近年水が干上がっていて残念スポットとしても挙げられています。私も行くか迷ったのですが、どれくらい残念なのか確かめるべく行ってみました。

スポンサーリンク

カッパドキアからパムッカレの行き方

カッパドキアからパムッカレは基本深夜便しかありません。

カッパドキアのバスターミナルでバス会社に聞いたところ1番安いのでMetroという会社かNevsehirの2社で、70リラ(約1,610円)
私は今回Nevsehirを利用してみました。
(今回値段交渉してないのでもしかしたらもう少し下がるかもしれません)

20:15発 ギョレメバスターミナル 

カッパドキアのギョレメバスターミナルは小さいのですぐ場所は分かります。

バスは満席でした。

他の都市(南の方の都市)に行く人はネヴシェヒル(Nevşehir)のバス乗り場で乗り換えをしていました。ギョレメからネヴシェヒルまでは一緒のバスに乗っていきました。

翌朝の6:00頃パムッカレ近くのデニズリ(Denizli)に到着。

ここで、ミニバンに乗り換えてパムッカレに行きます。着いたのはとある旅行会社。
ここで説明を受けます。

・ホテルを予約している人はホテルのチェックインまでこのオフィスに居てもOK

・今日パムッカレに泊まらず、移動する人は荷物をオフィスに置いてもOK

私はパムッカレには泊まらずに、夜行バスでイスタンブールに抜けるのでオフィスに荷物を置かせてもらいました♪

オフィスにはコーヒー、紅茶があるので飲んでも大丈夫👌 

もちろん全て無料です。ラッキー(*´ω`*)

オフィスにはトイレもあるのでありがたかったです。
なんせトルコではトイレが殆ど有料なんで

オフィスで日本人の女性一人旅の方と出会い、パムッカレのゲートが開く時間までお話してました。最近、日本人女性一人旅の人に沢山会うなー。意外と女性一人旅多いんですねー(*´▽`*)

パムッカレの石灰棚

オフィスのおじさんがパムッカレのゲートが7:30に開くというのでそれまで待機します。

7:30にゲートに向かうとゲートのオープンは8:00だと言われます。

あのオフィスのおっちゃん嘘ついたな。笑

仕方ないので、30分間外で待機してオープンと共に中に入ります。

入場料は35リラ(約805円)です。

パムッカレは土足禁止なので、途中から素足になります。
私はトレッキングシューズを履いていたので、脱ぐのがめんどくさかったです。

サンダルで行くと楽ですよーー♪

さあ、朝一番に入ったのでさすがに人はそこまで多くなかったので写真は人少なめで撮れました。が、やはり噂とおり、水が少ないですね・・・

頑張ってキレイな感じに撮って、こんな感じです。

カメラが上手な人が撮ったらもっときれいなんでしょうが。。。実際はこんな感じです。

昼前になると、観光客の人数が多くなってビックリ!皆水着を着て、温泉(ぬるいですが)に入って楽しんでました。

人を避けるには朝一がおススメです!

そして、パムッカレは現在歩ける箇所が限られているのですぐに石灰棚のゾーンは終了してしまいました。イスタンブールのバスは夕方なんですが。。。まだ朝だよー。笑

出会った日本人女性と、どう時間を潰すか相談します。。。

とりあえず、近くのパムッカレ温泉とヒエラポリス(Hierapolis)へ行くことにしました。

パムッカレ温泉

パムッカレ温泉は入場料が32ラリ(約736円)です。

プールにギリシア・ローマ時代の遺跡がゴロゴロしている温泉プールです。
水着を着用して入ります。

ただ、かなりプール感が強いし、そこまで規模も大きくないので私達は入りませんでした。(一応、入ることを考えて水着を着用していたんですけどねー。)

スポンサーリンク

ヒエラポリス(Hierapolis)

紀元前2世紀に造られたローマ劇場です。保存状態がよく、写真のようにキレイに今でも残っています。ここに1万5千人収容できるんだそうです。

さて、ここを見ても時刻は10時。。。。

やることなーーい!!!(;´∀`)

とりあえず、オフィス方面に戻って、お酒を飲んでランチをすることに。笑

ふらふら歩いていたら声をかけられ、スープ、お魚+米、サラダ、コーラ、パン、チャイついて15リラ(約345円)で交渉できたので、レストランに入りました。

まず、スープとパンが出てきて、、、

メインの魚、サラダ、米(魚の下に少しありました)とコーラ

最後にチャイを出してくれました。

ギョレメからここまで夜行バスだったし、お腹いっぱいになり、眠気が一気に襲い掛かります。二人でレストランのテラスで仮眠させてもらうことにしました。笑

こんな迷惑な客なのに、冷たいお水までサービスでくれました♪

ありがとうございましたー!!!

さて、パムッカレからイスタンブールまでまた夜行バスで移動です~。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »