ボスニア・モスタル観光が更に面白くなるフリーウォーキングツアー

サラエボを後に列車でモスタルという町へ移動してきました!モスタルはクロアチアに近いので日帰りでクロアチアからモスタルへ訪れる人も多いようです。
ボスニア語でモスクルとは「橋の守り人」という意味で橋を中心に発展した町です。

写真の端も紛争中に1993年11月に一度爆破されてしまいました。その後修復されて、今また町の象徴となっています。

モスタル周辺にはいくつか観光スポットがあり、私は本当はクラヴィツェのというクロアチアのプリトヴィチェに似た滝があるので訪れたかったのですが、なんせボスニアはまだ観光業が発達していないので公共交通手段がなくタクシーかレンタカーで行くしかない。。。途中までバスでそこからヒッチハイクという手段もあったのですが、私はモスタルには一日しか時間がなかったため断念。

クラヴィツェの滝を断念した代わりにBlagaj(ブラガイ)という村にあるStara derviška tekija (スターラ・デルヴィシュカ・テキヤ)に行き、夕方からフリーウォーキングツアーに参加しました!このフリーウォーキングツアーが中々面白かったのでまた後程ご紹介したいと思います。

Stara derviška tekija (スターラ・デルヴィシュカ・テキヤ)

Stara derviška tekija (スターラ・デルヴィシュカ・テキヤ)はモスタルから車で10分程度で到着するので、時間がない人にもピッタリです。

バスは以下の所から出ています。

バス亭の様子

バスの時刻表は以下の通りです。ただ、あまり時間通りにバスはこないので気長に待ちましょう。

バスの料金は2.1マルカ(約138円)だったと思います。

バス停から5分くらい歩けば、目的地に到着します。

ここでバス亭で帰りのバスの時間をチェックしましょう!!!

ここはイスラム教の僧院内と洞窟と川が一緒に見れます。
(もっといい写真があったはずなんですが、消してしまったようです。。。すみません)

ただ、これ以外はほんと何にもないので30分いるだけで十分って感じでした。

次のバスまで暇だったので、バス亭近くのレストランでビールのんで時間をつぶしました。笑

ビールを飲んで時間を潰しましたが、まだ時間が余っていたのでヒッチハイクをすることに。
他の国と違ってあまり車は止まってくれません。。。

何分か経って、一台の車がモスタルまで送ってくれました。

フリーウォーキングツアー

ホステルの人から教えてもらったフリーウォーキングツアーというのがモスタルにあるということで私も参加してみました。

集合場所はBlagaj(ブラガイ)行きのバス亭の近くの広場でした。

このフリーウォーキングツアーはほぼ毎日朝10時からと夕方6時の2回行われています。
所要時間は1時間30分くらいです。

スケジュールは変更されることもあるので以下のウェブサイトでチェックしてみて下さい。

■フリーウォーキングツアー

http://mostarfreetour.com/

このフリーウォーキングツアーが楽しかったのです!!

モスタルは普通に観光したら半日あれば充分に観光することが可能なので、可愛らしい街だなーで終わっちゃいます。フリーウォーキングツアーでは、この町で起きた紛争がどうやって起きたのか、この建物が昔はなんだったのか昔の写真を見せながら説明してくれます。

後ろにある修復中の建物が、昔は写真のような建物だったそうです。。。

説明してくれる人はモスタルの学生さん。

実際に町を一緒に歩きながら、紛争時の話などを聞きながらモスタルの町をもう一回見てみると全然違って見えてくるので面白いですよ~(´▽`*)

ツアーの最後にチップ(チップの額はおまかせです)を渡して終了です。

このフリーウォーキングかなりおススメです!!是非モスタル行った際は参加してみて下さい!!

モスタルのおススメレストラン

Tima lrmaというお店でボリュームがあるチェバブチチェを安く食べれます。

このボリュームでなんと8.5マルカ(約561円)!

ここのお店のチェバブチチェは野菜が沢山あるから嬉しいですね♪

むちゃくちゃボリュームがあるのでお腹を空かせて行ってくださいね。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »