モンテネグロ・コトルから日帰りスポット②スヴェティ・ステファン とブドヴァ

モンテネグロのコトル(Kotor)にやってきました。コトルは町自体が世界遺産に登録されています。町は城壁に囲まれており、城壁内は古い町並みが並んでおり、とても可愛らしいです。

そんなコトルから日帰りで行けるスポットとその行き方・料金などをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

スヴェティ・ステファン (Sveti Stefan)

一つ目は”スヴェティ・ステファン (Sveti Stefan)”というリゾート地です。

皆さん、フランスの超有名な観光スポット”モンサンミッシェル”はご存知ですよね?

そう、海に浮かぶ修道院です。このモンサンミッシェルのような場所がモンテネグロにもあるんです。

それがスヴェティ・ステファン (Sveti Stefan)です!

ここは昔村の人が住んでいたのですが、今は完全に高級ホテルになっており、ホテルに宿泊する人しか島に入れません。

コトルからスヴェティ・ステファン (Sveti Stefan)へ公共交通機関で行くにはバスで行けます。

バスはコトルのメインバスステーションから出ています。

コトルからスヴェティ・ステファンへいくダイレクト便もあるらしいですが、便数が少ないらしいので私はコトルから一旦手前のブドヴァ(Budva)という町へ出て、乗り換えをして行きました。

コトルからブドヴァまでは4ユーロ(約504円)

*大きな荷物を預ける場合は追加料金が必要です。

時間帯によっては3.5ユーロのバスもあったので受付の人に確認してみましょう。

ただ、コトルのバスチケットを売っているおばちゃんかなり不愛想だったのでご注意を!笑

バスで約40分。

ブドヴァのバスターミナルに到着!!!

ここで、乗り換えてスヴェティ・ステファン行きのバスチケットを購入します。

料金は2ユーロ(約252円)

バスで約10分強でスヴェティ・ステファンに到着!!

おおお~~~!!!ほんとモンサンミッシェルみたい!(行ったことないですが。笑)

さっそく降りてビーチ付近に行ってみます。上の写真の左側はパブリックビーチで右側はどうやらホテル?が所有しているビーチとなっていて、一般の人は入れません。見つかると罰金とられちゃいますよー。

こちらがパブリックビーチ。

むちゃ海がキレイ!!!

ただ、ビーチが砂ではなく石なのでちょっとごつごつしますが、海は最高です!!!

こちらが右側のビーチ。

こんな貸し切り状態なビーチ、うらやましい!!!

更に奥に進みますと、お隣のビーチが現れます。こちらもホテルが所有しているビーチなのか、人が少ない!!ここも高そうだー。

私はおとなしくパブリックビーチで半日1人で優雅に過ごしました♪♪

いやー気持ちよかった!!

スポンサーリンク

ブドヴァ(Budva)

スヴェティ・ステファンからブドヴァへ戻ります。赤ピンの所が行きのバスで降りた場所なので、その付近の反対車線からバスに乗って帰ろうと思ったのですが、赤のラインを歩いていると、Budvaと書かれたバスが通ったので急いで乗っちゃいました。

このバスはコトルからブドヴァに到着した際のバス亭ではなく、ブドヴァの旧市街近くに泊まったのでついでに観光してみました。

Depotと書かれている赤いピンが降車場所です。

旧市街の雰囲気はコトルと似ています。

猫ちゃんも絵になりますね。。。

旧市街の入り口

ブドヴァはリゾート地として有名と聞いたのでビーチも行ってみました。

ただ、ビーチはぶっちゃけスヴェティ・ステファンのビーチの方が圧倒的にキレイでした。ブドヴァの方が人が多くて落ち着かないですし・・・

帰りですが、おそらくコトルからブドヴァに着いた時のバスステーションに行ってからコトルに戻るのですが、面倒だったので、恒例のヒッチハイクをしちゃいました!笑

この国は結構ヒッチハイクしやすいです。

お兄さんにモンテネグロのウォッカもいただき、楽しくコトルまで帰りました。

個人的感想
スヴェティ・ステファンのビーチかなりおススメなので是非モンテネグロに行った際は足を運んでみて下さい!!!ブドヴァはぶっちゃけどちらでもいいかと。。。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »