夏の北イタリアでトレッキングをしよう!~4日目~

イタリアでのトレッキング4日目!
Cervinia(チェルヴァイナ)でトレッキングです!
朝7時にホテルで朝食をとります。ここもバイキング形式で好きなだけとって食べれます♪

写真のには写っていませんが、チーズ・ハム・コーンフレーク・ジュースなども置いてあります(*^^)v

スポンサーリンク

 

3日目のトレッキングプラン

今日のトレッキングコースはホテルの人から教えてもらったコース。ホントはケーブルカーを乗り継いで上の方まで行けるのですが、今日は天気悪いし、やっぱり地元の山を知っている人おススメのコースが一番♪予定変更して教えてもらったコースを歩くことに。

写真のオレンジのコースです。

ホテルの人曰く、このオレンジのコースのおススメポイントは朝、山が朝日に照らされてとっても綺麗に見れるんだとか(*´▽`*) 天気がよくなりますよーに!

3時間半くらいでケーブルカーまで行けるらしいので、ケーブルカーに乗って帰ってもよし、歩いて帰ってもよし!もちろん私は歩きますが。

私は結局、ケーブルカーからさらにLac De Goillet(ラク・デ・ゴイッレト)という湖の周りを歩いて町まで戻りました。出発からケーブルカーまでは写真を撮ったり、お昼ご飯を食べたり、撮影ポイント(山小屋の近くの赤ピン)まで歩いたりしたので、4時間半くらいかかりました。

合計 約7時間くらい歩きました。

4日目のトレッキングの様子

今日はあいにくの曇り空。ちょっと天気は不安ですが、山の天気は変わる!!

と信じていざ、8:30 に出発!!山小屋までは12番のコースを歩きます。
歩いているとたまに目印があり、12と書いてあるので、番号を確認して歩いてくださいね。

Courmayeur(クールマイユール)と違って、こちらは人が全くいない。皆ケーブルカーに乗ってるんだろうか。。。

まあ、一人だし自由だ!好きなSpetial Othersさんの曲を聴きながら歩きます♪

やっぱスペアザは山とあうなー(*´▽`*)

歩いていると滝が見えてきました!!!

最初は12番と13番が同じコースなのですが、途中で道が分かれます。私は12番を歩きます。

歩いていると、ちょっと朝日が!!!

12番を歩いていると途中で65番にぶつかります。こっからは65番を歩きます!

65番を歩いていくとこんな景色が!!!そして、雲がちょっと少なくなった!!!

まさに絶景!!!

1人テンションが上がっちゃいます⤴⤴

夢中で写真を撮っていたら、また雲が襲ってきます、、、

ひゃーーーー。アッという間に真っ白になりました。笑

また、真っ白の中歩きます。少しでもキレイな景色見れてよかったなー(*´▽`*)

ここの山にもたくさん花が咲いています♡綺麗ですねー

10:30 山小屋に到着!

ここでお水を汲もうと思って聞いてみたら、水道水は飲めないとのこと(。-ω-)

今あるお水だけで、しのぐしかない。

私はmaps.meに載っていた山小屋からさらに登ったところにあるビューポイントを目指します。(最初の写真を参照下さい)

到着!!!が、

真っ白!笑

ちょっと休憩がてら、晴れるまで待ってみました。

これが、マックスでした。

奥に見える湖がLac De Goillet(ラク・デ・ゴイッレト)です!

あそこまで行きますよー!!!!

さて、山小屋まで降りて、65番のルートを歩きます。
こっからは道はなだらかなのでトレッキングというよりかはハイキング気分で行けます♪

12:30 昼食休憩

13:00 ケーブルカー到着

ここでお手洗いに行きます。(無料でした)

こっからはLac De Goillet(ラク・デ・ゴイッレト)へ向かいます!

歩いていると、見えてきました!!! ひゃー!!キレイですねー♪

この湖の周りを歩きます。太陽の光が当たるとほんとにキレイなブルー!!!

違った花も発見!!!チューリップぽい形やな。

この山を歩いていると何やら動物がちらほら。
なんだろうと思ってズームして写真を撮ってみました。あーーー、なんだっけこの動物。笑
みたことあるんだけどなー。思い出せない・・・

こんな道を歩いたり♪

無事雨も降らず、町まで戻って来れました!!

Cervinia(チェルヴァイナ)のトレッキングコースはアップダウンがほとんどないのでハイキング感覚で楽しめちゃいます♪♪しかも、ケーブルカーもあるので歩きたくない人はケーブルカーを使えばいいですしね。

Courmayeur(クールマイユール)もCervinia(チェルヴァイナ)もどちらもハードな山登りではないので、初心者の方や子供でも楽しめちゃいます♪簡単でしかも景色は絶景!!!!これは行くしかありませんよ!!!笑

さて、明日はいよいよトリノに戻ります。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »