【タンザニア】現地でサファリツアーを申し込む~ツアー会社、費用、注意点について~

タンザニアのキリマンジャロ空港に到着し、そのままアルーシャへ移動します。
目的はセレンゲティ国立公園&ンゴロンゴロ保全地域のサファリツアーを申し込むため。

キリマンジャロ空港からアルーシャの町まで行くにはバスかタクシーしかないのですが、タクシーだと大体50ドルくらいかかります。

50㎞くらい離れてるから仕方ないっちゃ仕方ないですが、高いですよね。

私達は空港でタンザニアで活動している方と出会い、その方の車に乗っけてもらい、アルーシャまで行くことが出来ました。ありがとうございます!!!

スポンサーリンク

ツアー会社について

ツアー会社な何社かあるようですが、私達が実際に話を聞いた会社は「3 wonders」と「Wanyama Afrian safari」です。

位置関係は以下の通りです。

ツアー会社ですが、どこもむっちゃ分かりにくいのでよーーーーく探してくださいね(´ω`*)

Wanyama African safariの外観。
ただのアパートとかと思いきや、動物の絵が見えたので分かりました。
オフィスは2階にあります。

ここのスタッフは雰囲気がとてもいい感じで、説明もきちんとしてくれました。
後に行った3wondersの方が安かったので、ここで申し込みしませんでした。

3wondersの外観はこちら。
これまた分かりにくい。笑 
近くを通ったら3wondersはどこか人に聞くといいですよ。

ここの主であるアリーさんは気さくでいい人でした。値下げも頑張ってしてくれました。

ツアーを申し込む時の注意点!
私達は日曜日にアルーシャについたのですが、日曜日はほとんどのツアー会社は閉まっていました7wondersが入っているビルに行きましたが、どこも閉まってました。ツアー会社だけでなく、町のお店もほとんど閉まっていたので、タンザニア全体的に日曜日はお休みなんでしょうね。

ツアー内容と料金

ツアーの内容は短期間から1週間以上の長期間まで多様にあるようです。大体の日本人は2泊3日か3泊4日間で周る人が多いようです。

2泊か3泊の違いはタランギーレに行くかどうかで、2泊でも3泊でもセレンゲティとンゴロンゴロへ行く事ができます。

私達はセレンゲティとンゴロンゴロを周るプランを検討していたので2泊3日で申し込みました。

2泊3日の日程はこちら。

(1日目) 移動、午後セレンゲティでゲームサファリ (テント泊)
(2日目) 午前セレンゲティでゲームサファリ、午後移動 (テント泊)
(3日目) 午前ンゴロンゴロでゲームサファリ、午後移動

気になる料金はWanyama African safariは550ドル。値切って530ドルでした。

3wondersですが、値段は伏せて下さいと言われたので、正確な値段は伏せますが500ドルは切りました。

なので、3wondersに決めました。ツアーに各公園の入場料、寝袋、テント、食事、お水が含まれています。ドライバーと料理人のチップは別です。

支払いは現金払いです。

ただ、1点気になることが、、、

私達が行きたい日に3wondersのツアーがやっていないようで、3wondersのお友達の会社のツアーに参加するというもの。ツアー内容は一緒だし、友達の会社だから大丈夫だというので、信じて参加することに。

これが、、、今までで一番腹立たしいツアーになるとは知らずに。。。

最初にお伝えしときますが、3wonders自体はいい会社です!
そのお友達の会社がダメだっただけで・・・

スポンサーリンク

実際のツアーの様子

一日目

6:00 宿までピックアップ

キャンプサイトのようなところに降ろされます。すると前泊していた人達が朝食を食べています。私達は待ってろと何もないテーブルで待たされました。3wondersからは朝食も付いていると聞いてたので、そのことを伝えるとイソイソと朝食の準備をし始めました。

お前たちを待っているんだから、早く朝食を食べろ”

と急かされます。

急かされた割には、中々出発しない始末。いやな予感・・・

結局待つこと約30分。

9:20 車に6人乗った状態で出発。

途中、中国人の2人組をピックアップ。

え?え?

8人になるやん。一人真ん中の席になるという。。。

結果、一緒に旅している鷹栖夫妻の奥さんが真ん中の席になってしまいました。

動物みるのに真ん中の席ってあり得ないんですけど。。。

色々ツッコミどころが多いこのツアー。。。

とりあえず、ンゴロンゴロのクレーターが見渡せる場所に到着。

ここでも急かされ5分もしたら出発。

11:00 ンゴロンゴロ保全地区のパーミッションを取るために待機。

ここでなぜか1時間も待機。次々他の車は去っていくのに、私達だけ取り残されます。

何かが様子がおかしい。。。

唯一の救いがここはフリーwifiがあったこと。これで時間が潰せました。

12:00 出発

ンゴロンゴロの中を走り、途中急に車が止まり、お昼ご飯だと言われます。

14:00 お昼

ランチボックスが配られました。

14:40 ご飯を食べたて出発。

が、

ちょっと移動してセレンゲティのパーミッションを取るためにまた待機。

こっから更に待たされることに。。。というかお昼ここで食べればいいじゃん。

待つこと2時間強。

暇すぎて写真を撮ってました。

気づけば、駐車場には私達の車と同じ会社のもう一つの車(フランス人グループの車)しかありません。

この間、実は色々なことが起きていたのですが私達は全く知りませんでした。何が起きていたか知ったのは翌日に知ることになります。。。

17:25 やっと出発。皆怒りモードです。そりゃそーだ。

待たされたのもイライラするのですが、もっとイライラするのが、ドライバーが何も説明しないことです。

本来であれば、午後にセレンゲティで動物を見ていたはずなのに、ゲートで待ちぼうけして、キャンプサイトに行っただけ。今日移動しかしてないやん!!!

ンゴロンゴロも通過しただけなのに入場料50ドルとセレンゲティの入場料50ドル、合計100ドルも払ってるのに!!移動しかしていないという(。-`ω-)

とりあえず、ご飯を食べてテントで就寝します。

二日目

5:00 起床

5:30 朝ごはんのはずが、5:50 頃に来るという。

6:10に出発

途中朝日を観賞します。美しい・・・

その後、中国人をピックアップしに行きます。彼らはかなりの高額の値段を払ってきているのでロッジ泊です。が、契約した代理店が悪いのかロッジが手配されてい上に昨日の朝は2時間くらい私達の到着を待っていたりと昨日だけでも最悪なのに、聞いてると以前からずーーーと最悪なツアーを過ごしているそう。

7:00 中国人をピックアップしてから、ゲームサファリ開始

ヒヒにあったり、

キリンも登場!!! キリンむちゃくちゃ可愛かったー(*´▽`*)
よーーーく、見て下さい。頭に鳥が。

ほら。

バッファローに。

カバも。

12:00 ゲームサファリが終わり、お昼ご飯

ご飯は美味しいんだよなー。

14:00 出発

16:00 昨日のゲートに到着。ンゴロンゴロへ入るためのパーミッションを取ります。
また、いやな予感。。。

1時間経過してもドライバーは帰ってきません。

いらいらしていたら、ドライバーが私達の所へやってきて、パーミッションのお金が足りないからお金を払わないとここから出られないと。

はあ!???

色々と情報収集したら、状況が分かってきた。

私達は3wondersにお金を支払い、3wondersはSandlandという会社にお金を支配いました。
このSandlandがドライバーにパーミッションのお金をすべて渡していないので、昨日も今日もずーーーーーと待たされていたという訳。(Sandlandがこのドライバー達を雇っているので、ここがグルの可能性も大いにありますがね・・・)
中国人が申し込んだツアー代理店もsandlandを使っていたようで、ロッジのお金が支払われていないのもsandlandのせいでした。

昨日はもう一つのフランス人グループの一人が220ドルほど支払ってくれてたのでセレンゲティに入ることが出来たということが発覚!!

で今日のンゴロンゴロのパーミッションのお金が足りないから240ドルくらい誰か支払って下さいとのこと。

ふざけるなーーー(。-`ω-)

皆各々の代理店に電話して、どうにかこの状況を解決しようとしますが、なかなか進まず。。。

2時間経過。

2時間30分経過・・・

辺りが暗くなり始めてきて、政府側の人がとりあえず今日はキャンプサイトまでなら通ってもいいよ。と特別許可が下りて、私達は今日の寝床まで移動できることに。

ただ、明日のンゴロンゴロのパーミッションのお金についてまだ解決できてない状況。最悪ンゴロンゴロへ行けず、アルーシャに帰ることになります。

20:00 辺りは真っ暗の中、キャンプに到着

21:00 夕食

三日目

7:30 朝食

食堂の外にはシマウマが。近い!

8:00 ンゴロンゴロのパーミッションの許可を取りにドライバーがいなくなる。

待つこと2時間。(もう待つことに慣れてきました。)

10:00 ドライバーが許可を取って戻ってくる。
後で知ったのですが、3wondersの人が私達ともう一つのグループの人数分の不足金を支払ってくれたからンゴロンゴロに行けたのですが、その説明をドライバーは全くせず。。。

いつも通り、私達が最後に出発。

ンゴロンゴロです!

ヌーがいました!

ライオンが堂々と歩いてきます。これ一応雄ライオンです。

フラミンゴもいます。

景色が綺麗ですね・・・

ビック5のサイも最後に見えたので、ビッグ5すべて見ることが出来ました。

15:50にキャンプサイトを出発して、途中で車を乗り換えるようで、腹の立つドライバーとお別れです。通常であればチップを渡しますが、渡すわけがありません。シェフにだけお金を渡して乗り換えます。

19:00にアルーシャに到着。

そのまま3wondersのオフィスへ行ってすべて事情を説明しました。彼らは親身になって聞いてくれました。そして、彼らがンゴロンゴロのパーミッションのお金を支払ってくれたことも知りました。彼らの対応で、彼らが悪くわないということが分かったのですが、私達は彼らを信じてお金を支払っているので、、、少なからず一日目はすべておじゃんになったのでお金をバックしてほしいとお願いしようとしたら、彼らから返金の話をしてくれました。

結局、一人50ドルずつバックをしてもらい、終了しました。

今までで一番、イラっとボールがたまったツアーでした。エチオピアの世界一過酷なツアーと呼ばれているダナキルツアーより、精神的に過酷でした。笑
そこを除けばセレンゲティもンゴロンゴロもよかったです。アフリカに入ってツアー続きで分かりましたが、アフリカのツアーはトラブルが付き物ですね。高いお金払っているのでなおさら、サービス面が気になっちゃいますね。
ツアー会社を選ぶときは申し込む前に情報収集することをおススメします。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »