さらば,凶悪都市ダルエスサラーム!田舎町イリンガへ移動♪

ザンジバル島からダルエスサラームへ深夜便のフェリーで帰ってきた私達。
ダルエスサラームについたのが早朝の5時くらい。

今日泊まる宿探しをしないといけないのですが、前回はフェリー乗り場の近くのSafari Innという宿に泊まっていましたが、翌日にUbungo Bus Terminal(ウブンゴバスステーション) というちょっと中心地から離れた場所にあるバス停から出発するので私達はバス停の近くのホテルに行くことにしました。(場所は下の写真を参照)

  • Kibadamo Hotel Lmited
    Wifiが部屋でも使える、割と早い
    歯ブラシ、石鹸付き
    タオルあり
    お湯出る
    ウブンゴバスステーションから近い
    ダブルルームを35,000 シリング(約5,411円)に3人で泊まりました。

宿にチェックインしたら、まず明日のバスのチケットを購入します。

スポンサーリンク

ダルエスサラームからイリンガへのバスチケット

バスチケットは地図の青〇にあります。
*バスがいっぱい止まっているバスの駐車場に入ると入場料として300シリング(約46円)かかるのでバス停には入らずにチケットオフィスの方へ行ってください。

イリンガへ行く方は、イリンガが終点のバスを選択してください。イリンガ経由のバスだとイリンガの手前の町に降ろされて、結構な距離を歩くことになります。イリンガ終点のバスだとイリンガの町のバス停に泊まるので歩く必要がありません。

イリンガ直通のバスは何社かありました。Charla bus(チャウラバス)などもあったのですが、出発時間が8時と少し遅め。知らない町に夜到着するのは避けたいので、朝6時発のUpendo bus(ウペンドバス)を選択しました。料金はチャウラもウペンドも同じ値段だったと思います。

バスの席を選ぶときのアドバイスです!!!

タンザニアでは大体バスの席を選べるのですが、バスの席を選ぶ際は一番前が一番広いので一番前の席を選択することをおススメします!!

  • Upendo bus
    イリンガまで 22,000シリング(約3,401円)

    エアコン無し
    イリンガまで直通
    朝6時出発
    所要時間約10時間
    トイレ休憩一回

この日の夜は宿泊していたホテルの目の前にあるローカルレストランで食べました。

期待していなかったのですが、結構ここが美味しかったです。チキンスープはチキンのエキスが凝縮していて美味しかったですし、お肉の方もボリュームもあって安くて良かったです♪

チキンスープ 6,000シリング(約294円)

お米とスープとお肉のセット 3,000シリング(約147円)

*写真がぼやけててすみません。

スポンサーリンク

ダルエスサラームからイリンガまでの移動

ホテルを5時半にチェックアウト

入場料300シリングを支払って中に入ります。

バス停にはバスが沢山あるので、ちょっと時間に余裕をもっていくことをおススメします。

バス停内には飲み物、パン、お菓子などのお店が沢山ありました。一日中バスに乗るので、お菓子などここで買うといいと思います。

バスは大型バス。

席はこんな感じで決して広くはないです。

トイレ休憩 1回

休憩ポイントには屋台がありました。

他にも、バスが止まるとこんな感じでトウモロコシや果物などいろんなものを売りにきます。

トウモロコシの兄ちゃんはずーーーと走って追っかけてきました。これには失笑。笑

17:15 イリンガ到達!!

前情報通り、イリンガはこじんまりしてますが時間がゆったりと流れていて着いた瞬間に”私ここ好きや!”ってなりました。笑

イリンガ(Iringa)での宿泊先

イリンガ(Iringa)での宿泊先はAlizeti hostel。

  • WiFi あり(結構早い)
    キッチンあり(冷蔵庫は故障中でした)
    ホットシャワー有り
    タオル&石鹸なし
    コーヒー&紅茶、ビールなどあり(有料)
    キャンプサイトあり
    ドミトリー:15,000シリング(約736円)
    キャンプ:8,000シリング(約392円)

料金表

共有スペースの様子

ドミトリーの様子。

キッチンの様子。

テントは庭に設置することができます。

ブログ情報ではミキサーを使えると書いてありましたが、過去に宿泊が壊したことがあるそうで、今は宿泊客は使えなかったです。

キッチンもあるので、明日からはイリンガで自炊しながらゆっくりしたいと思います♪

楽しみだぁー(*´꒳`*)

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »