Mzuzu(ムズズ )からマラウイ湖を見渡せる絶景スポット•リビングストーニアへ!

Mzuzu(ムズズ ) でキャンプに向けてお買い物をして、いざマラウイ湖を見渡せる絶景スポットであるリビングストーニアへ!

買い物の様子は以下の記事をご覧ください。

タンザニアからマラウイのムズズへ大移動したひなたです(*´ω`*) 現在ムズズの宿Joy's Placeでテント泊しています。 ...

スポンサーリンク

移動ルート

Mzuzu(ムズズ )→Chitimba(チティンバ)       バス:所要時間約1時間半
Chitimba(チティンバ) → Mashroom Farm(マッシュルームファーム)  バス:所要時間約1時間

今日は目指すはリビンストーニアの手前にあるMashroom Farm(マッシュルームファーム)という宿です。

Mzuzu(ムズズ )からChitimba(チティンバ) への移動

要らない荷物はJoy’s place に預けて、昨日冷凍庫に入れさせてもらった鶏肉と豚の挽肉を受け取り、宿を出発。

8:30 ムズズ のミニバン乗り場に向かいます。(ピンクピン)

チティンバ行き 3,000クワチャ(約462円)
いつも通り、すぐに出発すると言ってから約1時間経ち。。。

9:30 ようやく出発

11:00 到着チティンバに到着

降りるとすぐにマッシュルームファームの看板を発見!!!

チティンバから目的地であるMashroom Farm(マッシュルームファーム)へは乗り合いバスか歩いて行く事になります。

降りた瞬間にマッシュルームファームの人が私の方へやってきて、車の斡旋をしていました。

とりあえず、ちょっとお腹が空いたので腹ごしらえをする事に。

マッシュルームファームの人に教えてもらった近くのローカルレストランで食事をします。

場所はこちら。

ランチは魚•肉と豆、ライスとンシマのセットで2,500クワチャと言われました。そんなに量要らないと言ったら1,500クワチャ(約231円)でライス、豆、肉、ポテトセットを作ってくれました。

チティンバではムズズ で買わなかった潰れやすいトマトやバナナがあれば買おうと思ってたのですが、バナナは売ってませんでした。なのでバナナを買う場合はムズズ で買うか、チティンバまでの道中で売り子から買うといいですよ!←リビングストーニアから戻る時にはチティンバにバナナ売ってました。笑 その日の仕入れによるんでしょうね。

また、今回泊まるマッシュルームファームに水が無料であるか分からなかったので、キャンプ用の水をチティンバで購入。(後で述べますが、マッシュルームファームには無料でお水をもらえるのでペットボトルの水一本あれば大丈夫です。)

スポンサーリンク

Chitimba(チティンバ) から Mashroom Farmへの移動

13:00 出発

乗り合いバス

14:10 マッシュルームファーム近くで降ろされます。

The Mashroom Farm(マッシュルームファーム)

若手のアメリカ人が経営するロッジです。

敷地内は可愛らしいコテージが沢山あり、ワクワクしちゃいます。

受付もおしゃれ。

と、ふと受付の横に目をやるとお水発見!

なんと、マッシュルームファームに無料でお水がありました。
なのでお水を事前に買い込む必要はありません( ̄▽ ̄)重たかったのに。。。

共有スペースも素敵です。目の前にはマラウイ湖が広がっています。

テント泊を希望したので、キャンプサイトへ。

噂通り、絶景です!ほんとキャンプサイトの目の前にマラウイ湖があるんです!(写真で伝わりにくくてすみません。)

こんなところにテント泊できるんですね♪テンション上がります⤴⤴⤴

キャンプサイトは一泊$5(3,650クワチャ)です。

後から知ったのですが、Safari Doom というドミトリーも$5です。

料金表は以下の通りです。

詳しくはこちらをご覧ください!

リビングストーニアに来て4日目に突入しました! 今日はこの周辺にあるもう一つのロッジ、Lukwe lodge (ルクエロッジ)へ行ってみま...

テントを設置したら、ムズズから持ってきたお肉を冷蔵庫に入れさせてもらおうとしたのですが、ここで衝撃的なことが発覚!!!

ネット情報だと冷蔵庫がありそうだったのですが、その冷蔵庫あんまり冷蔵が効いてないとのこと。

ここはソーラー発電をしているようなのですがら冷蔵庫を冷やすだけのパワーがないのです。

なので、マッシュルームファームでは肉や魚などの生物を使った料理はでません。飲み物もビールやコーラなどありますが冷たくないです。

ガーンヽ( ̄д ̄;)ノ

宿泊分を見込んでお肉を持ってきたのに、今日明日で調理せなあかんやん!!

とりあえず休憩してから、夕食の準備を始めます。

私はバーナーなど持ってないので(ムズズで探したのですが見つかりませんでした)、原始的に薪拾いをして火をおこしていきたいと思います!

マッシュルームファーム内には沢山木の枝や葉っぱがあるので、取り放題です。

薪拾いしたら、材料を切って、火をおこします。ここは現代的にライターで。笑

最初なので火がつくまで時間がかかりました。キャンプは日本でもやってたのですが、いつも数人でやってたので、火おこし係、材料切る係などに分担してやる事ができました。
それを今全部1人でやるとなると結構大変。しかも、鍋は一つだけ。ご飯炊いたら、その鍋で火が消えないうちに料理もしないといけない。

なんて大変なの!!

煙たいし、涙でるし、火消えそうだし、
わちゃわちゃと1人で格闘してやっとこさ料理出来きたところに、お客さんが、、、

ミャー。。。

猫がやってきた。もちろん私に寄ってきたのではなく、私の食べ物目当てだ。

この猫は甘え上手で最初に私のところへ来てからだを擦り付けて、

ミャー(飯くれー)

私:やらん

ミャー(飯くれー)

私:やらん

猫は私を通り過ぎて、私の食べ物の方へ。

猫を持ち上げ、別の方へ。また、猫が戻ってくる…

ご飯も落ち着いて食べれない…。

余り物を取り置きしようと思いましたが、猫に食べられること間違いないので、全部食べ切ることに。。。

こんな感じでリビングストーニアでの初日を終えました。

この猫ちゃんです。お昼寝中のショット。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »