ムズズ(Mzuzu)からンカンタベイ(Nkhanta Bay)へ!おススメ宿をご紹介♪

ムズズで次なる目的地でのキャンプ生活に向けて、食料調達やネットで調べものをした後、まずはNkhata Bay(ンカタベイ)を目指します。ここは旅で出会ったアメリカ人のおススメの場所で、マラウイで出会った旅人からもマラウイ湖を眺めながらゆっくり出来ると聞いていたのでちょっと楽しみです。Nkhata Bay(ンカタベイ)からはモザンビーク側にあるマラウイの島、Licoma Island(リコマ島)やChizuulu Island(チズムル島)にも行くフェリーが出ています。

とりあえずNkhata Bay(ンカタベイ)に向かい、どちらかの島へ向かいたいと思います。

スポンサーリンク

ムズズ(Mzuzu)からンカンタベイ(Nkhanta Bay)への移動

ンカンタベイ(Nkhanta Bay)への移動手段は2通りあります。

  • ミニバン:相場 1,500クワチャ(約231円)
  • シェアタクシー:相場 2,000クワチャ(約309円)

ミニバンはシェアタクシーより少し安いですが、人がパンパンになるまで出発しない、時間がかかる、乗り心地最悪です。
一方、シェアタクシーは乗用車を勝手にタクシーにしているだけなので、乗れる人数もミニバンより少ない、人集めにそこまで時間がかからない、乗り心地もミニバンより良いです。
なので、今回私はシェアタクシーを使ってンカンタベイ(Nkhanta Bay)を目指したいと思います。

宿泊しているJoy’s Placeの人からシェアタクシーの場所を聞いて向かいます。どうやらシェアタクシーとミニバンの乗り場は違うようです。

地図参照。

シェアタクシー乗り場で値段交渉していたら、巡回しているミニバンに1,500クワチャ(約232円)でンカンタベイ(Nkhanta Bay)に行くというので、そちらに乗っちゃいました。巡回を10分ほどした後、満席ではないですが出発!!!いいぞー!!

10時に出発したミニバンは11時にはンカンタベイ(Nkhanta Bay)に到着。

ンカンタベイ(Nkhanta Bay)の宿

ンカンタベイ(Nkhanta Bay)には有名な宿が2軒あるのですが、両方とも少しバス停から遠いです。歩いてOO分程度。面倒な人はタクシーかチャリンコタクシーを頼んでいくといいですよ♪

Mayoka Villeage Lodge(マヨカビレッジロッジ)

欧米人に人気の宿でもう一つ宿Butterfly Space Camp に比べて少し高いが、綺麗で過ごしやすい。マラウイで出会った旅人は皆ここに泊まっていました。

  • キャンプサイトあり
  • トイレ綺麗
    ホットシャワーあり。
  • 無料飲み水あり
  • Wifiなし
  • 雰囲気がよい。
  • BBQ場所あり(墨を500クワチャで購入できる)
  • 冷蔵庫使用可能
  • ホットウォーター無料
  • 16時から1時間無料で紅茶が飲める
  • 宿泊者にシュノーケリング、カヤック、スタンドボードなど無料で貸し出しをしている
  • 毎週火曜日にボートトリップをしている。
  • 満月の時にはMoon Walkツアーを行っている(カクテル無料)
  • ハッピーアワーあり。
  • キャンプ5ドル、ドミトリー7ドル

全体的に雰囲気よく、くつろげます。

トイレ、シャワーもキレイです。トイレは水を使わないコンポジットトイレ。

シャワーの様子。

無料のお水と紅茶

BBQ場所で私は自炊をしていました。本当は墨を500クワチャ(約77円)で購入するらしいのですが、オーナーアさんのご厚意でただで使わせてもらいました。

宿泊者はシュノーケリング、カヤック、スタンドボードなど無料で貸し出ししています。

イベントも行っており、毎週火曜日にはボートトリップを行っています。

私が行った時は満月だったので、Moon Walkというイベントを行っていました。

カクテルが無料。
ビールは有料なのでご注意を!(私は知らずに飲んでたら、最後にビールは有料だと言われ支払いました。笑)

スポンサーリンク

Butterfly Space Camp(バタフライスペースキャンプ)

Mayoka Villeage Lodgeの隣にある宿で、宿泊客の年齢層は高め。静かでゆっくりしたい人におススメ。建物や部屋はMayokaに比べるとちょっと古い。

  • キャンプサイトあり
    無料飲み水
    ホットシャワーあり。(但し、私が使った時はホットシャワーしか出なくて、熱すぎて流せませんでした。)
  • Wifiなし。
  • 建物や部屋はちょっと古め
  • 宿泊客の年齢層高め。
  • キャンプ 3,000クワチャ(約463円)、ドーム5,000クワチャ(約773円)、シングルルーム8,000クワチャ(約1,236円) 
  • 17時からヨガクラスがある。

バーの様子

キャンプサイトの様子

ドーム

ルーム

シャワールームは渦巻の形をしているのですがなんと、扉がないので誰かが入ってきたらもう終わりです。ご注意を!笑

私は初日Butterfly に宿泊し、翌日からMayokaに移動しました。私は全体的な雰囲気がよく、イベントなどがあるMayokaの方が好きでした。旅人友達を作りたいのであれば、Mayokaの方が人の出入りが多いのでおススメです。反対に人が沢山いるのはちょっとという人はButterflyの方が静かなのでおススメです。

しばらくはンカンタベイ(Nkhanta Bay)でゆっくりしたいと思います♪

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »