リロングエからチパタ経由でサウスルアングアへバスで移動!料金・行き方など

こんにちは!ひなたです♪

約1カ月間いたマラウイからザンビアへ移動したいと思います!!!

私が次目指すのはザンビアのサウスルアングア(South Luangwa)というサファリに行きたいと思います(*´▽`*)  サウスルアングアは旅人から評判のよいサファリで安くて、動物を近くでみれると聞いているので楽しみです♪

スポンサーリンク

リロングエ(Lilongwe)からサウスルアングア(South Luangwa)への行き方

サウスルアングワへ行くには、まずザンビアのチパタ(Chipata)という町を目指します。
チパタから乗り換えをしてそこからムフエ(Mfuwe)という町に行って、宿までタクシーで行きます。

今日は一気にサウスルアングワの宿まで行きたいので、早朝にリロングエを出発してサウスルワングワを目指したいと思います(*´▽`*)

リロングエ(Lilongwe)からザンビア国境まで

リロングエからザンビアの国境までの行き方はこちらを参照ください♪

マラウイのビーチリゾートのケープマクレア(Cape Maclear)でローカルの人達とダンスを踊ったり、お酒を飲んだりして満喫した4日間。い...

6時くらいに宿を出発!

前日にチェックしたローカルバスの乗り場へ。(写真の緑ピンです)

昨日の聞き込みではリロングエから国境まで3,500クワチャと言われたのですが、値下げ交渉開始!!
先週友達がもうちょっと安く国境まで行ってたよ!!!と言って交渉した結果、、、

以下の値段でOKになりました。

バス代(リロングエから国境まで) 3,300クワチャ(約495円)

  • 内訳
    リロングエ→ムチンジ2,800クワチャ(約420円)
    ムチンジ→国境までが500クワチャ(約75円)

6:45 リロングエ出発

9:00 バスはムチンジというところに到着

ここでどうやらミニバスから乗用車に乗り換えします。
私は国境までの料金を支払っているので、乗り換えの際にお金をさらに支払う必要はありません。

乗り換えの際に、両替の人が話しかけてきます。
ムチンジと国境(マラウイ側とザンビア側)で両替の人達が声かけてきますが、ムチンジの人が一番最初の言い値のレートが良かったです。マラウイ側の国境の人は交渉したらレートが若干良くなりますが、ザンビア側が交渉してもレートはあんま変わりませんでした。なので、両替するならムチンジでやるのがいいかと思います♪(現地の人もムチンジで両替していました!)

乗用車に乗り換え、国境に到着!!

マラウイ出国手続き→ザンビア入国手続きを行います。

ザンビアの入国の際にイエローカードの提示が必要でした。

スポンサーリンク

ザンビアの国境からチパタ(Chipata)まで

国境付近ではシェアタクシーの運転手が勝手に近づいてきます。

チパタまで30ザンビアクワチャ(約279円)だと言うドライバー。
ネットでは20クワチャ(約186円)くらいで行けるとあったので交渉を試みましたが、25クワチャまでにしか下がりませんでした。

9:45 チパタのバス停に到着

バス停にはATMがありますので引き出し可能です。
さて、私はサウスルアングアへ行きたいので、ムフエ(Mfuwe)を目指します。

チパタからムフエ行きのバスはJONDA Busのみが運行しているそうです。

バス停にJonda Busのオフィスがあります。オレンジ色なのですぐわかるかと思います♪

  • JONDA Bus
    チパタ→ムフエ 一日一便、13:00 発
    料金50クワチャ(約465円)
    大型バス

バスの出発まで時間があるので、サウスルアングアでの自炊に備えて食材の買い出しに行きます。チパタにはいくつかスーパーがあり、
マラウイのムズズでお世話になった南ア系のshoprite や、SPAR、Choppiesなどがあります。なので、サウスルアングアで自炊して節約したい方はチパタで買うことをおすすめします♪

赤ピンがバス亭、黄色ピンがスーパーになります♪

途中軍人さん?のパレードに遭遇(∩´∀`)∩

今日は特別な日なのかなぁー、と思いつつスーパーへ向かいます。

ザンビアの方がやっぱりマラウイより全体的に物価が高めの印象。

お昼ご飯も一緒に買ってきました♪

ちなみに、バス停の近くにローカルマーケットもありました。野菜とかはここで買った方が安いかもしれません。

チパタ(Chipata)からムフエ(Mfuwe)まで

13:00 出発でしたが、13:30に出発

1時間くらいでムフエに着くかと思いきや、途中の村で人が乗り降りするので結局約3時間かかりました。

16:30 バス到着

ムフエについたらまず、バス会社で帰りのバスを確認します。

帰りの日にちが決まっているのであればこの時に予約しちゃうのもありですね。

ムフエには種類は少ないですが野菜や果物、米や豆、生活用品が売ってるので、自炊する人はここでも購入できます。

ムフエから今日泊まるCroc Valley まではタクシーで向かいます。
歩いて30分もかからない距離なのですが、野生動物がうじゃうじゃいるので危ないという事でタクシーを使います。

タクシーは一律30クワチャ(約287円)

日中はこの値段でフィックスされているようでした。

私はCroc Valley に行くんだ!って言っていたら、ドライバーが宿に連絡してくれて、宿の人が私のタクシー代をなぜか出してくれました(*´▽`*)♪

サウスルアングワの宿情報

Croc Valley

  • Wifiあり。
  • ホットシャワーあり。
  • キッチンあり。キッチン用具無料貸し出しあり。
  • プールあり。
  • バー、レストランあり。
  • キャンプサイトあり。
  • 自炊Tent 130クワチャ、13ドル
  • Eco tent(テント部屋)150クワチャ、15ドル

ちょっとしたリゾート気分が味わえるこの宿。キッチンもしっかりしていて自炊すればそこまで高くないです♪しかもこのプールの先にはルワングワ川があり、そこにはカバなどの動物が普通に生活しています。つまり、宿から野生動物を見ることができます(∩´∀`)∩

夜は象が宿をうろついていることもあるんだとか。

宿については次の記事で詳しくお伝えしますね♪

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »