ルサカ(Lusaka)からリビングストン(Livingstone)へバスで移動

ザンビアのルサカでマラウイで出会ったカップルの家でゆーーーくりしているひなたです♪
ルサカでのんびりする予定ではなかったのですが、マラウイでたまたま出会ったカップルと仲良くなり、遊びにいったらそのお家が素敵で長いしちゃいました(∩´∀`)∩

ザンビア人の彼はアート系で映像やら絵やらいろいろ活動しているアーティスト♪

彼女はベルギー人で近くの学校で働いています。チャーミングでとっても可愛らしい人♡

泊まらせていただいている間はマラウイでWifiがなかった分溜まっていたブログの更新やら、今後の旅の予定やらゆっくりしながらも忙しい日々を送っていました。

一緒にごはんを作ったり、近くのアイスクリーム屋さんに連れてってもらったりと、ホントお世話になりました!!!

ありがとうございます!!!!

そんなルサカも後に目指すはビクトリアフォールズがあるリビングストーンへバスで移動します。

スポンサーリンク

ルサカ(Lusaka)からリビングストーン(Livingstone)へのチケットの購入方法

チケットはルサカのバスターミナルで購入が可能です。

バス停に着いたら、勝手に人が寄ってくるのでリビングストーンに行きたいと言ったらバスチケットオフィスまで連れてってくれます。

バス会社は何社かありますが、すべて値段は一緒でした。

一律200クワチャ(約1,838円)

聞き込みをしたところ、大型バスは沢山の人を乗せ、降りするので時間がかかるようです。
一方ミニバスは人が少ない分、大型バスほど時間がかからないようです。

値段が一緒なのであれば、時間が短いミニバスで行くことにしました!!

ミニバスと言っても、マラウイのように人をマックス乗せるタイプではなく、席が決まっており、予約する時にちゃんと席も指定できます♪

チケットは当日でも買えますが、朝一のチケットは埋まりやすいので、前日に購入することをおススメます!!

ここで注意点!

チケットを購入する際は、荷物代の含まれているか確認してください!
乗車する際に荷物代を請求されます。なので私は、チケットの裏面などに荷物代含まれているとスタッフに記入してもらいました。当日荷物代を請求されても、証拠のチケットの裏面にかいてもらったサインを見せたらおとなしく引き下がりました。

ルサカ(Lusaka)からリビングストーン(Livingstone)への移動

前日に購入したチケットはルサカ8:30発ということなので、7:30くらいにバス停に到着。

バス停には果物や軽食(スナック系)が売っているので購入することが可能です。

荷物代を請求されましたが、前日に荷物代は含まれている旨をスタッフにチケットの裏面に書いてもらっていたおかげで払わずに済みました。

8:30になってもいっこうに出発する気配がない。。。。

どうやらミニバスが満席になるまで粘るらしい( 一一)

待つこと約1時間

やっと9:40に出発。

トイレ休憩一回を経て、約7時間。

16:30 リビングストンに到着

到着したバス停から今日泊まる宿Fawlty towerまでは歩いて約17分。

もちろん歩きます。

リビングストーン(Livingstone)の宿情報

  • Fawlty tower
    ホットシャワーあり
    Wifiあり
    キッチンあり(調理器具あり)、冷蔵庫あり
    プールあり
    コーヒーと紅茶 午後5時まであり
    午後3時に無料パンケーキあり
    ドミトリー8ドル

プール

共有スペース

午後3時のパンケーキ(普通のパンケーキではなく、クレープな感じ。笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »