ザンビアのデビルズプールへ!!ツアー内容やツアー申し込み方法をご紹介します♪

ザンビアのリビングストーンに滞在してる、ひなたです♪

スポンサーリンク

デビルズプールとは

「世界三大瀑布」と呼ばれるヴィクトリアフォールズで出来るアトラクションで、乾期の9月から1月に行くことが出来ます。

何が出来るかというと、滝のがけっぷちにくぼみがあり、そこがプールになっていて写真や動画を撮ったりすることができます。

こんな感じです。

滝のがけっぷちに行って、写真やビデオを撮って楽しむアトラクションです。

水が少ない乾期しかできないアトラクションで、ザンビア側でしかすることが出来ません。

デビルズプールの申し込み方法

デビルズプールへの申し込み方法は大きく2つ方法があります。

宿から申し込む

私が宿泊していたFawlty towerからデビルズプールの申し込みが可能です。
Roal Livingstone victoria Falls というホテルから出ているツアー。
朝、昼、夕方とツアーがありますが、朝が一番安いです!!

ガイド料105コル+ザンビア側の入場料20ドル=合計125ドル

ホテルから船を使って移動します。高いだけあって朝ごはん付いてます。

 

ザンビア側のチケットオフィスで申し込む

デビルズプール高い!少しでも安くいきたい!
という方はこちらをおススメします。

ザンビア側のビクトリアフォールズのチケットオフィスにデビルズプールのツアー会社が入っており、ホテルで頼むより若干安く行くことが出来ます。

ガイド料75ドル+ザンビア側の入場料20ドル=合計95ドル

デビルズプールのチケットオフィスの様子。

ツアーの一日4回で時間は以下の通りです。

・6:00
・9:00
・11:00
・14:00

各回マックス6人となっています。

マックス6人になったら参加することが出来ないので少なくとも前日までに予約することをおススメします。
泊っていたFawlty towerからこのツアーを予約することが可能ですよ♪

デビルズプールの持ち物

  • 水着(あらかじめ水着を着ていくことをおススメします)
  • 着替え
  • カメラ(防水でなくても問題ありませんでした)
  • サンダル
  • ツアー代金

    タオルなどは貸してもらえるので持ってくる必要ありません。
    カメラはGo proなど防水のカメラがある人はそれを持っていく方がいいと思いますが、私のように持っていない人でも、ガイドさんが撮ってくれるので問題ありません(*´▽`*)←ガイドさんがうっかり落としてしまったらアウトですが。
    ガイドさんによっては携帯電話しか持って行ってはいけないと言われることがあるようです。申し込む時に確認することをおススメします。
    飲み物はツアーに含まれていました。

デビルズプールツアーの様子

私は安く済ませるため上記の2番目のザンビア側のチケットオフィスで予約しました。

Fawlty towerからのシャトルバスが10時なので、11時のツアーを予約しました。

私が到着した時にはお客さんがいなかったのでプライベートツアー!???

と期待しましたが、11時までにフルの6人となりました。笑

11時なり、まずガイド料75ドルを支払い、ザンビア側の入場料20ドルを支払っていざ出発!!!

ガイド料と入場料を支払うオフィスは別なので注意!

写真はザンビア側のビクトリアフォールズのチケットオフィス。

ザンビア側に入るとまずお土産屋さんを通過します。

ザンビアの民芸品を購入することが可能です。

お土産屋さんを通過したら、検問のような所がありザンビア側の入場券を提示します。(チケットは無くさないようにしてくださいね!)

ザンビア側のヴィクトリアフォールズへ入って、ガイドについていきます。

ここら辺は雨季には滝になっており、近づくこともできません。乾期なので歩くことが可能です。

デビルズプール手前の所まで行ったら水着に着替えます。
ちなみに着替える場所は特になかったので、水着をあらかじめ着ることをおススメします。

ここで、冷たい飲み物をもらうことが出来ます。

水着に皆着替えたら、カメラをガイドに預けて、他の持ってきた荷物をセキュリティーボックスに入れます。ちゃんとボックスにカギをかけるので安心です。

水着に着替えたら、こっからは泳いでデビルズプールへ向かいます。

私達が着いた時は人がいなかったのでわりとゆっくりデビルズプールを堪能することが出来ました。もし人が多い時は、デビルズプールの滞在時間が少なくなるようなので、あえて夕方の人が少ない時間を狙う旅人もいるようです。

デビルズプールへ着いたら、順番に写真とビデオを撮ってくれます。

崖の近くに行った時はテンションMAXになること間違いなし!!!(*´▽`*)

ホント崖っぷちにいますが、くぼみがあってプールのようになっているので、傍から見ているほど危険ではありません。写真を撮る時は、ガイドさんが足首を持って落ちないようにしてくれますしね♪

でも過去に観光客が崖から落ちそうになって、ガイドが観光客を助けようとしてガイドが亡くなったこともあるので、無茶だけはしないようにしてくださいね!!!

デビルズプールを充分に堪能したら、戻ります。

ガイドはザンビア側のチケットオフィスまで皆を連れていきますが、せっかくザンビアの入場料払ってるので、デビルズプール以外のザンビア側のビューポイントを周って帰ることにします。

ザンビア側は乾季は迫力ある滝を見るのは難しいです。乾期はデビルズプールがある滝ぐらいしか水がないので、他の場所はカラカラに乾いています。
個人的にはカラカラになって岩が見えている景色も好きでしたけどね♪

下のような滝を見たいであればジンバブエサイドに行くことをおススメします(*´▽`*)

スポンサーリンク

(おまけ)デビルズプールもどきの場所

ちなみに、デビルズプールへ行かなくてもデビルズプールもどきの場所へ行くことがザンビアサイドにあります。

それがここです。私が立っている下の水が溢れているところがくぼみになっており、お風呂のように入ることが可能です。

ここへ行くにはちょっと注意!!!

この場所(写真の緑ピン)も恐らく乾期の時期しか行くことが出来ず、デビルズプールへ行く道中の途中にあります。デビルズプールへは通常のルートから途中外れて、滝川の方向に向かってあるくのですが(写真の赤〇部分)、入り口にローカルの人が待機している時があります。

*緑ピン・・・デビルズプールもどきの場所
 青ピン・・・デビルズプール

赤〇部分に入ろうとすると、この人達が話しかけてきて、
”この領域はツアーかガイドを雇わないと入れない!!!”
と言ってきます。
”勝手に入ると警察が来て罰金もしくは捕まるよ!”
とも言ってきます。

最初、ちょっとビビった私ですが、そこらへんにいるザンビア人に聞いてみると、
警察が来るなんて聞いたことないよ!!とのこと。

つまり、無視して入っても大丈夫です!!!少なくとも私は大丈夫でした。

でも、この場所に行くときは十分に気をつけてくださいね!!足を滑らせたら、滝へ落ちてしまいます。行くときは自己責任でお願いいたします(*ノωノ)

ヴィクトリアフォールズからリビングストーンへの帰り方

リビングストーンからヴィクトリアフォールズへは宿の無料シャトルバスで来れますが、帰りが問題です。帰り方についてお伝えしたいとおもいます。

帰り方は大きく3つあります。

  • タクシー
  • 乗り合いバス
  • 歩き

タクシーは一番簡単で早く帰ることが出来ますが、値段が高いです。ちょっと値段は忘れましたが普通に500円くらいの値段はしたような気がするので、1人だと厳しです。
歩きでも帰ることも可能です。所要時間は30分くらいかかります。ヴィクトリアフォールズの公園内で結構歩き周ると思うので、体力に余裕がある人はチャレンジしてみて下さい!

私がおススメするのが、乗り合いバス!!
乗り合いバスであれば5クワチャ(約45円)で帰ることが出来ます。ただ、人が集まり次第出発なので、何時に出発か分かりません。
乗り合いバスのバス停はちょっと分かりくい所にあるので地図を載せておきますね(*´▽`*)♪

チケットオフィスがあるメインロードから一本奥に行ったところから出ています。

デビルズプールはお値段は結構しますが、想像以上に楽しいアトラクションでした♪♪
乾期に行く人は是非チャレンジしてみて下さい(´▽`*)!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »