ピアニストの高校の友達に会いにドイツはベルリンへ!

こんにちはひなたです♪

フランクフルトからベルリンへFlix busで移動してきました(*^^*)♪
ベルリンへ来た理由は一つ!ピアニストの高校の友達と会うためです!!

スポンサーリンク

友達の名前は梅ちゃん♪

梅ちゃんこと梅村知世さんは高校時代から数々のピアノのコンクールで受賞していて、当時からすごい子なんですよ!!!

どんなけ凄いかは、梅ちゃんのブログのプロフィールを抜粋してみたので見て下さい↓↓↓

1988年岡山県出身。4歳からヤマハ音楽教室にてピアノを始め、ジュニア専門コース、同上級科、ヤマハ演奏研究コースを修了。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程修了。在学中に大学内でアリアドネムジカ賞を受賞。卒業時にアカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞を受賞。文化庁新進芸術家海外研修生として渡独、現在は財団法人ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、ベルリン芸術大学にてクラウス・ヘルヴィッヒの下で研鑽を積んでいる。第78回日本音楽コンクール入選。第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞。第14回ピネローロ市国際コンクール(イタリア)にて第4位。第10回東京音楽コンクール第3位。第20回シュナーベルコンクール(ベルリン)第2位、第17回ロベルト・シューマン国際コンクール(ドイツ)にて最高位を受賞など国内外のコンクールで活躍をしている。

受賞した数凄いな・・・・

私は音楽通でもないので、この受賞がとれだけすごいかは分からないのですが、コンクールでまず受賞するだけでまず凄いじゃないですか!!!

この受賞した数すごくないですか!!?

そして、よく見たら”東京藝術大学を首席で卒業”の文字。

東京藝術大学って日本でトップの音楽大学ですよ!!!

そこを首席で卒業って!!!すげーーーーーわ。梅ちゃん。

そんな梅ちゃんブログあるのでこちらから彼女の詳細を確認くださいませ。

https://jp.yamaha.com/sp/products/keyboards/pianist-lounge/column/tomoyo_umemura/

現在はドイツのベルリンに在住。
ドイツと日本でピアニストとして活躍中です!!!日本でもたくさんコンサートしてますよ♪

そして、さらに調べていたら、同じ高校で私達の一期上の先輩(ピアニストの中桐望さん)も東京藝術大学のピアノ科で首席とってるんですよーーー!!

うちの高校凄くないか!???

私の高校(岡山城東高等学校)は文系・理系に加えて音楽系と国際系と4つの学類に分かれている珍しい高校なのです。進学校でありながら「文武・両道」を掲げている素敵な高校。私は部活に没頭して勉強はそっちのけでしたが。。。苦笑
自由闊達な校風で大好きな学校です♪

梅ちゃんはもちろん音楽系。
私は・・・国際系と言いたいところですが当時まだ理系の方が出来るということで、なんちゃって理系に属していました。笑

音楽系と理系のクラスはお隣さんということで、顔をよく見ることはありましたが、そんなにむちゃくちゃ親しい!!!って訳でもなかったのですが、

不思議なもんで、学校卒業してから急接近したんですよねー。SNSでやり取りをするようになったのです♪

でも、高校から一度も会ったことがなく、卒業して約10年以上経った今、このベルリンで再会するっていうなんともロマンティックな感じ♡笑

感動の再会!!!

朝一なのにわざわざバス停まで迎えに来てくれた、梅ちゃんがこちらーーー♪

写真はドイツ名物プレッツエルとソーセージを食す時♪

梅ちゃんは今学校に通いながら、授業というかレッスンがない時は子供にピアノを教えているそうです。

ピアノだけで食っていけるのはほーーーんと一握りの人しか出来ないそうで、先生などして小遣い稼ぎをしながらやっていっているそうです。

厳しい世界ですね・・・

キッズに教えながら、自分もレッスンがあるので練習が必要だし、コンサートがあればそれ用の曲の練習もしないといけない。。。なんてハード。
私が遊びに行った時は次のコンサートで弾く曲の練習をしていました。

梅ちゃんが住んでいる部屋はシェアルームなのですが、皆ピアノを専攻している日本人。各部屋にピアノがあって、朝起きると素敵なピアノの音楽が聞こえてくるというなんとも贅沢な感じでした♪

スポンサーリンク

私はピアノを小さい時に習っていましたが、そこまで深くやっていたわけでもないので、音楽の世界についてちょっと梅ちゃんに教えてもらいました(*´▽`*)

Q.そもそもピアノの評価軸ってなんだろう?

若い時は譜面に書かれている音をちゃんと弾けているのか?という評価軸がまずあるのに対して、大人になると弾けているのは前提で、その譜面をどう表現していくのか?というのが重要になるようです。

そこで、疑問。

Q. 国によって表現の仕方が違うのか?

 

国によって表現の仕方が結構違うらしいです。ヨーロッパの人達は感情を音に表現していくのに対して、アジア人(特に日本人)はどちらかというと譜面の音をきちんと弾いていくようです。

何となく、分かる気がする。仕事とかでもそんな感じだしな。笑

へえーー。でも確かに気候とか影響しそうだなー。

音楽の世界も奥が深くて面白いですね(∩´∀`)∩

さて、夜は梅ちゃんの友達の家でパーティーがあるということでお邪魔させていただきました。友達はみんな音楽家さん♪

梅ちゃんお手製のキッシュを持っていざパーティーへ!

主催者のお友達は日本語も英語もペラペラな韓国人の子♪料理はもちろん韓国料理!

皆でドイツのカードゲームをして遊びました(∩´∀`)∩

ルール、もはや忘れてしまった。笑

もちろん、ベルリン散策もしましたよー♪

クリスマスシーズンだけあって、外はライトアップしていてむっちゃキレイ♡♡♡

クリスマスマーケットにも行きましたーー♪

くるみ割り人形可愛いなー。欲しいけど買えない。泣

ベルリンで有名なアンペルマン!!!

旧東ドイツの歩行者信号機で使われていた人の形のマークで、そのマークが入った服や帽子、雑貨などが売られています。

むちゃ可愛かったからお土産買ってしまった。笑
アンペルマンショップではグミが試食できますよ♪

ベルリンといったらベルリンの壁!!!

こちらはベルリンの壁で有名な絵で、

旧東ドイツのホーネッカー書記長とソ連ブレジネフ書記長がキスしている絵が描いてある壁です。

ベルリンの壁があるイーストサイドギャラリーにはたくさんの作品が壁に描かれています。

こちらはベルリン大聖堂。夜になるとちょっと不気味な感じが私は好きでした。笑

ブランデンブルク門!そしてクリスマスバージョン♪

この門はベルリンの壁が建設された時、壁が門の前を通る形となった為、門は東ベルリン西端の行き止まりとなり通行できなくなりました。そして再び門が開いたのは壁の崩壊時です。再び門の下を人々が通行できるようになったのです。

現在誰もが通ることのできるこの門は、ドイツ再統一の証となっているそうです。

最後にクリスマスマーケットの梅ちゃん♪

最後に、梅ちゃん、忙しいのに案内してくれてありがと!!!

大変だと思うけど、ずーーーーーーと応援しています!

次はイタリアアゲイン!でもローマです!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »