入国初日からベネゼエラの洗礼に遭う!ベネゼエラ入国の際に注意するべき点は?

こんにちは!ひなたです(*´▽`*)♪

アフリカの縦断の旅が終了し、ちょっとだけ冬のヨーロッパを堪能した後はいよいよ南米です!!多くのバックパッカーが魅了されてしまう、南米。

私は予定では約3カ月かけて南米を周っていこうと思います。

南米最初の国は・・・・

なんと、ベネゼエラ!!!( ゚Д゚)!

ベネゼエラ?と聞いてもピンとこない方も多いと思います。私も日本に居たときはそんなにこの国について知りませんでした。ネットで調べるとすぐ出てきますが、現在のベネゼエラは凶悪犯罪や殺人事件、強盗傷害事件多発する凶悪都市となっています。

外務省の海外安全ホームページではベネゼエラ全土がレベル2以上となっています。

出典:外務省海外安全ホームページ

じゃあ、なんでベネゼエラに来たのか!???

その理由はロライマを登るためです!!!

ロライマとはべネズエラのカナイマ国立公園にある恐慌2,810メートルのテーブルマウンテンです。

危険を犯してまでも行ってみたいと思い、挑戦することにしました。といってもこんな情勢不安定な国に一人ではいけないので、ツアーに参加していきます。(ツアーについてやロライマトレッキングについてのまとめ記事を別で書きたいと思います)

さて、そんなネガティブなイメージが強いベネゼエラ。数十年前までは今と違って、豊かな国だったそうです。

ではこの国に何が起きたのか私もかなり気になったので、ちょっとばかしベネゼエラについてご紹介してからロライマトレッキング前に起きた空港での出来事などお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ベネゼエラについて

ベネゼエラ・ボリバル共和国は人口3,198万人の南米北部にある国です。西にコロンビア、東にガイアナ、南にブラジルと国境を接しています。

ベネズエラは1980年代までは、現在と違って経済的に非常に豊かな国でした。

なぜなら、ベネズエラは世界有数の石油産出国だからです。さらに、石油以外にも鉄鉱石や金、ダイヤモンドなども産出される資源がある裕福な国だったのです。

しかし、今ではベネゼエラは経済崩壊の危機に瀕しており、治安も悪化して行きました。

ではいったい何が起きたのでしょうか?

石油産出国のベネズエラは2000年代から2014年頃まで、原油高に乗って順調に経済成長し、南米有数の経済を誇っていました。しかしながら、石油産業一つに頼ってしまうという失政により、ベネズエラ国内のインフラは整備されず、輸入に頼る体質の国家になっています。

原油高のうちは良いですが、原油価格が下落すると状況は一変し、経済が崩壊していきます。また、アメリカからの厳しい経済制裁もありベネゼエラ経済はボロボロとなるのです。

さらに、状況を悪化させたのは現大統領のマドゥーロ大統領の政策です。

原油価格は半分以下の水準に下り、収入が減っているのにも関わらず政府は手を打たず、原油の増産もしませんでした。また、主食のパンや肉など基本物資の価格統制を行ったことで、物資不足を助長させる結果となりました。食料と日用品は平等に配給することになっていますが、ベネズエラの役人は配給する食糧や日用品を、闇商人に流すので、配給されず人々は物資不足となり苦しみます。。。

そんなベネゼエラはハイパーインフレーションが進行しており、2018年のインフレ率が170万パーセントに達したと発表したそうです

どういうことかといいますと、、、1円だったものが170万円になるってことです!!!

このインフレ率の上昇はまだ続く見込みで、IMF(国際通貨基金)は今年のインフレ率を1000万パーセントと予想しています。

こんなに国民を苦しめるマドゥーロ大統領はもちろん国民にむーーーちゃ不人気です。

当たり前ですよね・・・

特に、ベネズエラの英雄と呼ばれている前職のチャベス大統領を支持する人たちによって、度々暴動が起こっていますが、マドゥーロ大統領は、国民を弾圧( 一一)!!
実質的な独裁政権状態になっているとも伝えられています。

そんなマドゥーロ大統領、2018年4月頃に行われた大統領選挙で再選!!!マジかい!!!

今後も国民の不満が爆発し、さらなる暴動へと発展する可能性もあるので、ますます治安悪化しそうなベネゼエラです。。。

ベネゼエラのイミグレでの出来事

さて、前置きが長くなりましたが、私はベネゼエラに飛行機で飛んできたのです。

飛んできた場所は世界凶悪都市カラカス!!!

カラカスの空港はシモン・ボリバル国際空港。

私はカラカスに到着したらすぐに、国内線に乗り換えてプエルト・オルダスというところへ移動する必要があるので、ちゃっちゃとイミグレ済ませて荷物ゲットしてツアー会社の人と合流しようとしていました・・・

が、

到着早々足止めをくらうことになるのです。。。。

先にお伝えします。

ベネゼエラのイミグレではベネゼエラから出国する飛行機チケットが必要です。

私はそんなこと知らなかったのと、準備不足で、足止めくらうことになったのです。

事件はイミグレでの際、いつも通りパスポートを提示してパスポートにスタンプを押してもらうのを待っていました。

すると、スペイン語で”ベネゼエラから出る時の飛行機チケットを出せ”と言われます。

やばい!!!!! ベネゼエラ出国の際のチケットをスクリーンショットするの忘れてしまった!!!

 

必死に、インターネットがあれば提示できます!と英語で伝えます(英語伝わらないのに。笑)

すると、空港のWifiあるから、それで繋げろ的なことを言われます。

必死にWifiに繋げようとしますが、全く繋がらんやん( 一一)!!!

時刻は刻々と過ぎてきます。

国内線に移動しないといけないのにーーー!!!かなりテンパる私。

私に時間がかかり過ぎたため、次の人を通していきます。カラカスに来る人なんて地元の人しかほとんどいません。ベネゼエラ人はもちろんすんなり通っていきます。

やばいなー、、、、
これはもう見知らぬ人にネットに繋がせてもらうしかない!!!笑

ということで、私を通過しいくベネゼエラ人の一人に英語でテザリングさせてほしいと懇願します。

優しいですね、あるお兄さんがテザリングさせてくれました(*´ω`*)無事スクショ完了!!!

ありがとうございます!!!

国内線に間に合わないとテンパってた私はチケットをスクショするも、バリ日本語のもの。

提示するも日本語だから読めない、イミグレの人。

他のイミグレの人を巻き込んで審議に入ります。。。OGM!笑

これはまずい・・・・しかし、もうテザリングさせてくれた人はいません。

待つのみ。

約5分後、無事スタンプゲット!!!!!

急いで、荷物を取って出口へ。

すると、ベネトリップというツアー会社のエリオさんが私を待ちわびていたのか、出口のドアの手前で待ってました。中に入ってても大丈夫なのか!??と思いましたが、後々聞いてると彼は元空港職員だったらしく、ちょっと中に入っても問題なかったんでしょうね。

こうして、無事にベネゼエラを入国したのでした。笑

スポンサーリンク

カラカスからプエルト・オルダスへ移動

カラカスに到着した私はカラカスからプエルト・オルダスへ飛行機で移動し、翌日にサンタエレナというブラジルとの国境近くの町へ車で移動します。そして、サンタエレナからロライマのトレッキング入り口まで移動して、やっと登山開始です。

ロライマまでの道のりは長いですね・・・

という訳で、プエルトオルダスに向け国内線に乗り継ぎをしないといけないのですが、出発予定時刻1時間前にやっとカラカス国際線出口にやってきた私。

急いで、国内線に移動します!!!

預け荷物があるのですが、預け荷物は出発の1時間前にクローズしてしまうとのこと。

でも現時刻ですでに1時間前。終わったー。笑

でもツアー会社のエリオさんは元空港で働いていたので、ちょっとは融通がきくのでとりあえずトライしてみることに。

チェックインカウンターに到着し、とりあえず交渉開始!!

どうやら国内線は遅延しているよう(結構、ベネゼエラの国内線は遅延が多いらしい。)

が、しかし、チェックインカウンターはクローズ!

なぜなら、荷物を扱う職員がもういないらしい。笑笑

こうなったら最終手段!エリオさんが持ってきてくれた予備ミニスーツケースに必要な荷物だけ、入れて私のメインバックパックはエリオさんの車の中に置いておく作戦!!!!!

もうこうなったら、仕方ありません( 一▽一)

駐車場で、荷物の入れ替えを開始!

荷物の入れ替えが終了したら、私のメインバックパックはエリオさんの車の中へ。

そして、エリオさんと一緒にチェックイン!

なんとエリオさんも一緒にプエルトオルダスまで飛行機で飛んで、私達をサンタエレナまで車で連れてってくれるそうです。なんと至れりつくせり!

待合い席でツアーに参加する別の日本人の方と、ヨルダンで出会った旅ともN君と合流!!!

よかったーーーー(*´▽`*)♪♪

とりあえず、無事プエルトオルダスに行ける!!!やっと安堵した瞬間だったのでした。

ベネゼエラ国内線の緊急時の説明書。独特なタッチなイラストです。笑

プエルトオルダスの宿泊先

一同はプエルトオルダスへ到着!!!

今日宿泊するホテルへ移動です。

なんと、5つ星ホテル!!!!いえーーーーーーーい!

後で知りましたが、ベネゼエラは5つ星ホテルと言っても、勝手に5つ星つけれるらしいので、あてにならないらしいです。笑

でもこのホテルはベネゼエラではいいホテルでした!!!!

受付。5つ星ですが英語は通じません。

普通にキレイなベッド!!!

シャワーのお水はちょっと茶色ですが、ご愛敬。(*´▽`*)

朝は、ブッフェ形式の朝食です♪

Wifiは弱めですが繋がります。

色々事件があった今日。やっと終わり。明日はサンタエレナへ移動です。

スポンサーリンク

プエルトオルダスからサンタエレナへ移動

今日はエリオの運転でサンタエレナへ移動です。約7時間くらいの移動となります。

車の中ではエリオが持っている音楽が流れています。

途中、ゆずの夏色が流れてきます。ゆず!???

なぜ日本の曲や?と思ったら、エリオの奥さんはベネトリップで申し込む時に日本語で返事をしてくれる深田さんという日本人女性。

そう、ベネトリップは夫婦で経営している会社なのです♪

お昼ご飯。1人好きなものをオーダーします。ここで飲んだグァバジュースがむーーーーちゃ美味しくて、旅とものN君と大絶賛!!!

私が虜になったのはベネゼエラのパンケーキと呼ばれるカチャパ
パンケーキと言っても日本で食べるパンケーキとは違い、トウモロコシ粉で作られたパンケーキで上にお肉とチーズが載っています。食事系パンケーキです。これが絶品!!!

ベネゼエラはご飯が美味しいで結構有名なんだそうです(∩´∀`)∩

ご飯を食べたら、再出発!

 

 

道中のベネゼエラ様子。町では人もたくさんいて他の国とそこまで変わらない雰囲気ですが、どこのお店にも厳重な鉄格子があって、やはり治安は悪いのかな。と思わせる感じでした。

 

 

 

夕方、車を停めたエリオ。何をするかと思ったら、給油。
ベネゼエラではガソリンも不足しているそうで、皆車の上にガソリンが入ったタンクを積んで、なくりそうになったらタンクから給油します。大変ですね。。。

サンタエレナの宿

 

昨日の5つ星のホテルの方が圧倒的に綺麗で良いすが、まあここも悪くはないです。

ただ、Wifiは部屋では使えません。

夜はレストランで食べに行きました。ここもすべてツアーに含まれています。

 

 

 

 

 

 

さて、やっと明日ロライマ山トレッキングスタートです!!!!!

 

 

 

もしこの記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »