キトから行ける♪エメラルドグリーンのキロトア湖で極寒テント泊!

こんにちは!ひなたです(*´▽`*)♪

エクアドルのキトから手軽にいけちゃう、絶景の湖”キロトア湖”に行ってきました!キロトア湖は行こうと思えば日帰りでも行けちゃうのですが、私はせっかくなのでテントを持って一泊してきました!
今回はキロトア湖への行き方やキャンプの様子をご紹介したいと思います。

スカイスキャナー

キロトア湖について

キロトア湖は3,500mの高さに位置していて、約600年前の噴火によってできたカルデラです。溶けたミネラルで湖はエメラルドグリーンの色をしています。

キトから約4時間ほどで行けるので、日帰りでもいけちゃう人気になりつつある観光スポットです。

キロトア湖への行き方

キロトア湖への行き方はまずキトからラタクンガという町へ移動します。
ラタクンガへはキトのキトゥンべ(南)バスターミナルから約2時間ほどで行けます。
ラタクンガからバスを乗り換えて、キロトアを目指します。

キトからラタクンガへの行き方

キトからラタクンガへ行くには、まずキトのキトゥンべ(南)バスターミナル(Quitumbe bus terminal)を目指します。

キトゥンべバスターミナルまでは公共交通手段で移動できます。
場所は写真の一番左の黄色、青、紫のラインが交わっているところになります。

黄色ラインから乗る場合、C4と書いてあるバスに乗ればキトゥンべバスターミナルへ向かいます。

バスの料金は0.25ドルです。

バスターミナルまではセントロ・ヒストリコ(旧市街)の中心である独立広場から約30分、ノルテ(新市街)からは約45分くらいで行けます。

ターミナルに着いたら、ラタクンガ(Latacunga) 行きのチケットを購入します。

ターミナルの2階にチケット売り場があるのでLatacungaと書いてあるブースへ行きます。
私が行った2019年1月時点ではブースは20番&21番でした。

料金は2.15 ドル *バスターミナル使用料込み

チケット買った際にバス乗り場を確認しましょう!

10:00 出発のバスに乗りこみました。

道中はのどかな風景が広がっていました(*´▽`*)

ラタクンガに着いたのが11:40。

ラタクンガ(Latacunga)からキロトア(Quilotoa)への行き方

ラタクンガのバスターミナルに着いたら、キロトア行きのバスチケットを購入します。

料金は2ドル

11:45 出発のバスがあったので急かされて、慌てて乗りましたが、実際出発したのは12:00。

急かされたのはなぜだ。笑

14:00 キロトアに到着

バスは地図の青ピンの所で止まります。

スポンサーリンク

キロトアの村

キロトアはとっても小さな村です。

余り人もいません。。。

インフォメーションオフィスがありました。

キロトアのハイキングコースなどの情報がありました。係の人は英語があまり話せないので、詳しくは分かりませんが・・・

早速、私は今夜私が泊るテントを張れる場所探しをしました。

ネットにあったテントを設置できるホステルを見にいったのですが、人気がなくやっていないようでした。なので、道行く人にテントを張りたい!と聞いて見つかった場所がここ↓↓↓

普通に家と家の間のスペース。笑笑

なんでもありですね。

ちなみに近くの展望台近くの憩い場スペースでもテント泊している人のブログを見たので、ここでも設置できると思います。

テントを設置したらいよいよキロトア湖へ!といっても目の真ん前ですが。笑

ドーーーン!わお、ホントにエメラルドグリーンだ!!

こっからの景色で十分なのですが、湖の近くまで降りられるということなので、時間もあることだし降りてみることに・・・

日差しがさすとほんとにキレイです。

湖近くでゆっくりしていたら、犬が私のそばにやってきました。むちゃ可愛い♡♡

湖を楽しんだらテントへ戻ります。

が、こっから大変でした( 一▽一)

ここは標高3,500mを超える場所。

今まで下った道を、富士山より高い標高で登らないといけません。

しかも、道は砂道

むちゃくちゃ、登りにくい。トレーニングかと思うくらいしんどいです。

登るのやだー!という人は馬で登ることも可能です。もちろん有料!

汗だくになりながらやっとこさ、元の場所に戻ってきました。

ここで、一晩過ごします。

私は宿にメインバックを置いてきており、一晩この標高が高いキロトアで過ごすために私の持ちうる防寒着を持ってやってきました。

準備は完璧!!!!

だったのです。はい、一つを除いては。。。。

寝る準備を始めて、私は気づいてしまったのです。

やべ、寝袋忘れた( ゚Д゚)!!!!!!!笑

一番大切なものやーーーーん!!!!!!!!

とりあえず、頑張って寝袋無しで寝ようとしますが、夜になればなるほど風も強まり、気温も一気に下がります。。。

下手したら死んじゃうかも・・・( 一一)

こんなところで死にたくはないので、村人を見つけては毛布をかしてくれませんか?と尋ねます。

でも、スペイン語が話せないのでなかなかうまくコミュニケーションできません。グーグル翻訳で頑張るも、宿ならあるよ!とか毛布なら売ってるよ!ばっかり・・・

最悪、宿に泊まるか・・・・

と諦めかけた時、宿のおばちゃんが毛布を貸してくれましたーーー!!!!

ありがとうーーーー(/ω\)!!!!!!

毛布をゲットして、極寒を切り抜けたのでした。。。笑

キロトアからキトへの帰り方

昨日行った、インフォメーションオフィスでは朝7時から1時間おきにラタクンガ行きが出ていると聞きました。ちなみに17時30分が最終と言っていました。

最後にキロトア湖の周りを散歩するために6時に起床。

今日はこの犬が私の後をついてきました。

散歩を終え、

7:45頃に一応地元の人に何時にラタクンガ行きがでるか聞くと8:20とのこと。

急いでパッキングしてバス停へ!

帰りのバスは赤ピンから出ています。

道にバスが泊っています。

8:30 キロトア出発

後は昨日来た道を帰るのみ。

料金も行きと一緒でしたよー。

【c】GoPro

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »