【ボリビア】6,000m級のワイナポトシ山へ1泊2日でトレッキング!ツアー内容・料金・持ち物などご紹介♪

 

こんにちは!ひなたです(´▽`*)♪

ボリビアの首都ラパスへやってきました!

ラパスでは「死の道」異名をラパス市内から北東のユンガス地方へと延びるこの全長約80kmの山岳道路を標高差3,400mをマウンテンバイクで駆け下りる危険度の高いアクティビティであるデス・ロードツアーや月面のような場所である月の谷などがありますが、私が今回チャレンジしたのはワイナポトシ山!!

今回は1泊2日で6,000m級のワイナポトシ山のツアー内容・料金・実際のトレッキングの様子を詳しくお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク

ワイナポトシ山について

ワイナ・ポトシはボリビアのラパスから真北に約20kmに位置する6,088mの山です。

ボリビアで最も人気のある山です。なぜ、人気があるかと言いますと、、、
この山は6,000m級の山にしては比較的登りやすい山なので初心者でも登れる山としても有名です。しかも、雪山を1万5千円程度でお手頃価格で登れちゃうのも人気の理由ですね♪

初心者でも登りやすいと言っても、6,000m以上の山なので高山病にもなる可能性は高いですし、雪山を登らなければ行けません。

私は今まで結構色々な山を登ってきましたが、ラストの雪山は相当きつかったです(。-`ω-)

なので、ある程度体力に自信がある方が参加することをおススメします!

ツアー内容

日程

・1日目
朝旅行会社で集合山し、レンタル会社で服や寝袋などをレンタルします。
その後、ラパスからバンに乗ってワイナポトシの麓の山小屋に移動します。山小屋に荷物を置いて、氷河まで約一時間あるいて氷河でアイゼンを装着して歩きの練習。その後アイスクライミング体験。

*1日目ホットシャワーありと言われましたが、ホットシャワーはありませんでした。

・2日目
お昼まで山小屋で過ごし、お昼後ベースキャンプまで約2時間半歩いて移動。

・3日目

3日目 早朝から歩き始めて頂上を目指す。
登頂したら山小屋に戻り、1日目の山小屋まで歩いて戻り、バンに乗ってラパスへ戻ります。
ラパスへは13時頃に戻ります。

*シャワーはありません。

ツアーに含まれてるもの

  • ザックバック
  • 寝袋
  • 装備(ウィンドブレーカー、ズボン、ヘルメット、ハーネス、靴、手袋、アイゼン)
  • ヘッドライト→バッテリーは有料でした
  • 水あり→ツアー会社では無料でもらえると言われましたが有料でした
    *ただ、山小屋で飲み物は無料で飲めます。

他の旅行会社では水2リットル必要と言われましたが、山小屋では暖かい飲み物を無料で飲めるので1リットルくらいあれば大丈夫だとは思います。必要であれば山小屋でも飲み物は販売していました。

ヘッドライトは無料で貸してもらえると言ってましたが、まさかのバッテリーは別料金と当日言われました。ヘッドライトある人は持参した方がいいと思います。

ツアー料金

旅行代理店を色々聞き周りましたが、

相場は900-1100ボリ(約16,000円前後です)

私は最安値だった800ボリビアーだった旅行代理店(確かInca Land Tours)で予約しました。

*入山料20ボリビアーノ(約316円)は別払い。

安かったのですが、やっぱり安いだけあってちょっとトラブりました。例えば、水が無料って言っていましたが、無料じゃなかったり、ヘッドライドを無料貸し出ししてくれると言っていましたが、バッテリーは別払いだったり・・・予約する前に色々と細かいところは確認することをおすすめします(/ω\)

旅行代理店にはツアー料金にオリジナルのワイナポトシT-シャツが含まれているところもありましたよー♪

持ち物

  • 暖かい服装(厚手のタイツ)
  • 帽子
  • サングラス
  • 水(1リットル程度)
  • 薄手の手袋
  • 薬(ダイアモクスなど)
  • 厚手の靴下
  • トイレットペーパー
  • ヘッドライト
  • ホッカイロ
  • 歯ブラシ&歯磨き粉
  • タオル
  • 入山料20ボリビアーノ(約316円)

6,000mの山なので上はとっても寒いです。なのである程度の防寒対策はしていって下さい。
ツアーでジャケットやズボンは貸してもらえますが、インナーは必要なので厚手のタイツなど履いてください。手袋も同様に貸してもらえますが、薄手の手袋をつけて2重にすることをおススメします、

2日目に麓の山小屋からベースキャンプまで全部の荷物を持って歩かないといけないので、最低限のものを持ってくることをおすすめします

スポンサーリンク

実際のツアーの様子

1日目

朝ツアー会社の前で集合。

その後、レンタル会社へ行って、ザックやジャケットやら貸してもらいます。

宿をチェックアウトして荷物を置きたい人はここで交渉すれば、荷物を置かせてもらえます。

レンタル会社で貸してもらえるものは、当たりはずれがあります( 一▽一)

特に差が激しかったのが、ザック。

良いザックを貸しだされていたら、しょぼいザックしかありません。

外れくじを引いたじげん氏。

寸胴型のザックで腰ベルト無し。笑

その後、バンに乗って麓の山小屋まで移動します。

外のトイレ。中にもあります♪

今晩はこのドミトリーで寝ます。幸いにも私達日本人4人だけだったので、貸し切り状態♪ラッキー(*´▽`*)♪

ここでまず腹ごしらえ。お昼が出てきます。

その後、着替えて氷河まで約一時間歩きます。

氷河に着いたら、アイゼンを装着して歩きの練習をします。3つの歩き方を習得します♪

練習が終わると、アイスクライミング体験。

まずは、ガイドのおっちゃんが登って見せてくれます。

ひょいひょい簡単に登ってるので、簡単なのかなーと思っていたら。。。。

これが、むっちゃきついんすよ(。-`ω-)

しかも、私達のガイドが選んだルートが明らかに道なき道のルートで難しい。

お隣さんのでかい外人たちは、明らかに他の人が登った人達の跡があるところを登っているので、私達より登りやすそう。。。それでも、結構プルプルして登っています。

写真の左が外人コース。右が私達の道無しコース。

こんな、外人がプルプルですよ!??

そりゃきついわなー。(。-`ω-)

私は2回トライしましたが、登れませんでした。泣

アイスクライミングが終わったら、山小屋に戻っておやつを頂きます。そして、夕食です。

2日目

この日はお昼までフリータイム。

朝に荷物をパッキングして、お昼まで山小屋で過ごします。

お昼を食べて、ベースキャンプまで全荷物を持って、約2時間半歩いて移動します。

全荷物を持って滑りやすい岩道を歩くので、まあまあ大変でした。

途中、名前を書いて入山料20ボリビアーノ(約316円)を支払います。

写真はガイドのおっちゃんとまなぶさん♪

ベースキャンプに到着!! 最初の山小屋は写真の湖近くです。まあまあ登ったなー。

夕食はスープとパスタ。

スープが体を温めてくれて、美味しかったー(*´▽`*)♪

この日は明日のアタックに向けて、早めに就寝。

スポンサーリンク

3日目

深夜に起きて朝食を食べてから、歩き始めて頂上を目指します。

こっからはアイゼンやハーネスを付けて、3人1組(1人ガイド)で紐でつないで登ります。

雪山にはクレパスという裂け目があるので、クレパスに一人が落ちたら、他の人達が助けれるように紐でつながれます。こえーーーー(*ノωノ)

ベースキャンプから約5時間かけて頂上を目指します。

道中、ボリビアの軍隊さんグループに遭遇したのですが、結構ゆっくり登っているので追い抜くことに彼らは結局頂上まで行かずに引き返してました。)

なぜかと言いますと、日の出までに登らないと雪がとけてしまって危ないからです。彼らのペースで登っていたら日の出までに登頂は難しくなります。

雪山で50人くらいはいる団体を追い抜くのはまたハードで、追い抜いて休憩したらまた抜かされるので登り続ければならず・・・・しんどかったー(。-`ω-)

写真は下山中にあった軍隊さん。

私達はもくもくと登り続けます。

登頂が近くなると、斜面がきつくなり、足一本入るくらいの道を登っていきます。

先頭にいるガイドさんが雪をかき分けて道を作ってくれるのですが、かき分けた雪を後ろの私達がいる方に持っていくので、柔らかい雪がわんさかきて登っても登っても進まない現象に・・・笑

でもガイドは先を行くので、ストーーーーープ!!!雪をかき分けないでーーーー!!!と

伝わるはずもなく・・・(*ノωノ)

つらかった。

そして、ついに・・・・

ついに・・・・

登頂!!!!

登頂した時はうれしかったーーーー!!!みて下さいこの景色!!私達よー登りましたわ。笑

頂上の滞在時間は約5ー10分。

というのも次のグループも登ってきますし、太陽が出る前に下山しないといけません。

感動する間もなく、写真だけ撮って、、、下山!!!!笑

登っている時は暗すぎでどんな景色か分からなかったのですが、下山の時は、明るくなっているので絶景を見ることができます(*´▽`*)♪

にしても、ほんとよく崖っぷちみたいな場所登ってたなーって思います(∩´∀`)∩笑

気づかなかったのですが、ベースキャンプまで着いた時には、もう足がパンパンで山小屋の前で座り込んでしまいました。

雪山は想像以上にきつかったんですねー。

休憩したら、荷物を持って1日目の山小屋まで歩いて戻り、バンに乗ってラパスへ戻ります。

ラパスへは13時頃に到着しました!!

下山した私達はワイナポトシTシャツがどうしても欲しくて、探し回って購入しました(∩´∀`)∩

これは宝物です☆☆☆

いかがでしたでしょうか?

南米に来たら一回はトライしてみてはどうでしょうか?日本で雪山に登るより安いし、比較的登りやすいともいわれているので。ただ、むっちゃきついっすけどね。笑

もしこの記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »