【メキシコ】メキシコシティ近郊の観光地、グアナファトとサンミゲル・デ・ジェンデ等のルートプランをご紹介!

こんにちは♪ひなたです(´▽`*)

さて、43か国目となる国はメキシコ!!!

南米が終わり、ついに中南米に突入してまいりました!

”メキシコ”と聞いて考えるのが、治安どうなのかな・・・?なんか怖い国そうだよな。。。

とか思っていたのですが、事前にメキシコについて調べていたら色々見たいところが沢山!!

意外に女子ウケする可愛い雑貨や、街並みもレトロで可愛いんす♡

ということで、最初に降り立ったメキシコの首都”メキシコシティ”近郊のおススメ観光地の紹介・モデルルート・行き方などを詳しくご紹介したいと思っています♪♪

スポンサーリンク

メキシコシティの近郊の観光地

グアナファト

グアナファト山に囲まれた標高2,040mの小さな街ですが、16世紀に銀が発見されて以来、200年以上にも渡り世界の約3分の1の銀を産出していた町です。

スペイン植民地時代のコロニアル建築と、カラフルな街並みは世界遺産にも登録されており、メキシコの観光地として人気を博しています。

さて、グアナファトはメキシコシティから約5-6時間ほどの所に位置しています。

サンミゲル・デ・ジェンデ

この町は『Travel+Leisure』誌による読者投票の世界人気都市ランキング2017で堂々1位を獲得したそうです。

なぜそんな人気なのか???

それは、メキシコの中でも、治安も安定しており過ごしやすい。

18世紀のコロニアル建築が多く残っており、レトロな雰囲気で可愛らしいです♡

雰囲気としてはディズニーランドに来たような感じです。

そんなサンミゲル・デ・ジェンデにはメキシコ国内はもちろんアメリカ、ヨーロッパからたくさんの芸術家たちが移り住んでいるそうですよー(∩´∀`)∩
確かに、町全体にギャラリーや雑貨店が軒を連ね、アートな空気が漂っています。

グアナファトとサン・ミゲル・デ・アジェンデへはバスで約2時間で行くことができます。

ケレタロ

ケレタロは17世紀から18世紀には周囲の銀山から産する銀の輸送の要衝として町が発展し、美しい街並みが作られたそうです。

この町の象徴が写真の水道橋です。
長さ1,280mで74本の優美なアーチを持つこの水道橋は、1738年に当時の水不足の解消のため、メキシコシティの建築家を招き、スペインのセゴビア水道橋を真似て建造させたそうです。

この地域は「ケレタロ歴史的建造物地区」として世界遺産に登録されています。

サン・ミゲル・デ・アジェンデから片道約一時間で行けちゃいます。

また、この町も買い物にGOODで、可愛いプラスティックで出来たカゴバックが沢山あって可愛かったです♪

グアナファトを拠点にサン・ミゲル・デ・アジェンデに日帰りで行ける?

グアナファトからサン・ミゲル・デ・アジェンデへはバスで片道1時間30分~2時間で行くことが出来ちゃいます。

ということは、日帰りでも行くことは可能です。

でも、私個人的には日帰りではなくサン・ミゲル・デ・アジェンデに泊まることをおすすめします。

理由としては

  • ショッピングしたくなる町だから
    →サン・ミゲル・デ・アジェンデにはメキシコの民芸品で可愛いカラフルなバックや小物がたくさんあります。
    この町が他の町のお土産と違う点は、民芸品をおしゃれな感じにアレンジして売っているところ。やっぱり、芸術家さんなどが集まってくるからでしょうか?洒落てるんですよねー。服もお洒落なお店があるので女子は買い物がしたくなります♪
    ショッピングをしたい女子は日帰りじゃもったいない!また、帰りに荷物が増える可能性もあるので泊まりをおすすめします。

  • コスパがいいおすすめ宿があるから
    →サン・ミゲル・デ・アジェンデには私がおすすめする宿があります。

    名前は”Casa la Presa”

キッチンが付き
部屋がきれい
タオル付き
うれしい朝食付き
洗濯洗える場所あり
コーヒー、紅茶飲み放題
金額1,000円程度

まず、素晴らしかったのがキッチン!
メキシコのタコスは美味しいですがタコスしかないから、飽きるのでキッチンがあるのは嬉しい( ´ ▽ ` )しかもキッチン広くて使いやすい!

冷蔵庫もむちゃでかい!

バスルームには綿棒やコットンまで!ホテルみたいです。
しかも、朝には簡単な朝食が付いてきます♪これで、約1,000円!この付近の宿では安いし、コスパむちゃくちゃ良いです。

スポンサーリンク

1週間モデルルート

メキシコシティ近郊を1週間周るプランを作ってみました!

モデルルートプラン1日目 
メキシコシティ到着
メキシコシティ観光

2日目
午前中 メキシコシティ→グアナファト
午後 グアナファト観光

3日目
午前 グアナファト観光
午後 サン・ミゲル・デ・アジェンデへ移動:約一時間半
  サン・ミゲル・デ・アジェンデ観光

4日目 サン・ミゲル・デ・アジェンデ観光

5日目  ケレタロ日帰り観光 or ケレタロで一泊

6日目 メキシコシティへ戻る

7日目 メキシコシティから出発

個人的にはサン・ミゲル・デ・アジェンデは買い物に時間が欲しいので、丸々1日サン・ミゲル・デ・アジェンデに費やしてますが、そこは削る事もできますよ♪

移動について

メキシコ内での移動は基本バスで違う町へ行けちゃいます。しかも結構快適♪
ただ、バスターミナルから市内までがちょっと離れている場合が結構あるので中心部までローカルバスかタクシーを使用する必要があります。

メキシコシティからグアナファトへの移動

メキシコシティからグアナファトへ移動する場合はバスを使います。
グアナファト行きは3社出ていました。

・ETN :料金779ペソ(約4,395円)

・Primera plus :料金665ペソ)(約3,751円)

 
・もう一つバス会社ありますが真夜中に出発するようです。
所要時間 約4-5時間
*1ペソ=約5.6ペソ(2019年7月時点)

バスは北ターミナルから出ています。北バスターミナルまではメトロで行くことが可能です♪

グアナファトからサン・ミゲル・デ・アジェンデへの移動

この移動でもバスを使用します。
バスターミナルは中心地から少し離れています。バスターミナルへ行くバスは通っているので宿泊しているホテルからバス乗り場を確認して乗りましょう。

バスターミナルは小さいので、迷うことはありません。

■バス会社
・Flecha Amanill
・San Miguel de Allende 117ペソ(約660円)

■所要時間 約2時間弱

席は自由席

バスターミナルからサン・ミゲル・デ・アジェンデの中心地まで離れているのでローカルバスを必要があります。バスターミナル前にバス停があるので、乗り場はすぐ分かると思います。
中心地へ行くバスは”Bus 7”です。

サン・ミゲル・デ・アジェンデからケレタロ

サン・ミゲル・デ・アジェンデのバスターミナルもグアナファトと同様、中心部から離れています。バスがちゃんと通ってますので、宿の人にどのバスに乗ればいいか確認をしましょう。

料金 81ペソ(約457円)
席は自由
所要時間 約一時間強

会社名を忘れてしもうた!!( 一一) 

バスターミナルに行って時間があったバスに乗りました♪

【補足】ケレタロのバスターミナルから中心地への移動方法

ケレタロのバスターミナルから中心地への行き方がちょっと他の町よりも複雑だったので、少しご紹介したいと思います。

まず、バスターミナル。(地図の赤ピン)町の中心部は緑ピン付近です。
*地図は下に張り付けてます♪

なので、バスターミナルから町の中心までローカルバスで移動する必要があります。

ローカルバスを探す前に!一個確認を!!

ちょっとこのバスターミナル広いんですよね。バス会社によって建物が違ったりするので、自分が使用するバス会社がどの建物に入っているか着いたら確認しときましょう!

ローカルバス乗り場ですが、地図の青ピンです。

ローカルバスは2社出ています。

  • Orobus :専用カードが必要
  • もう一つのバス :専用カード不要(現金でOK)
    行き料金:11ペソ
    帰り料金:8.5ペソ

最初写真のOrbusに乗ろうとしたんですよ。そしたら、これは専用カードが必要だって言われたんです。(スペイン語だったから多分。笑)

なので、私が使用したのはもう一個の会社のバス。

バスは水道橋の付近(紫ピン)を通って町の中心部(緑・黄色ピン)へ移動していきます。

なので、まず町へ行きたい人はとりあえず黄色ピンまで移動するといいと思います。水道橋だけ見れればいい!という人は紫ピン付近で降りたら水道橋を見ることができますよ♪

町からバスターミナルに戻る時は緑ピンからバスが出ています。

サン・ミゲル・デ・アジェンデからメキシコシティ

■バス会社
・Pegaso 359ペソ(約2,025円) 
・Primera plus 359ペソ(約2,025円)
・ETN 500ペソ台(2,800円以上)

*早朝と夕方の便は同じ値段なのですが、バスのランクが上がるっぽかったです。

所要時間約5時間

いかがでしかた?是非メキシコへ旅行する際に参考にしていただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »