メキシコのサンクリストバルからグアテマラへの国境越え。移動方法・注意点など

ひなたです(´▽`*)♪

私はサン・クリストバル・デ・ラス・カサスというこれまた素敵な町にやってきています。

ここは美味しいケーキ屋さんやコーヒー屋さんもあり、町も可愛らしいし、可愛い服もあり大好きな町でした♡♡

こっから向かうはお隣のグアテマラ。

この移動が思っていた以上に大変だったんですよー。

なんと、この国境越え、不当徴収に遭う確率が高い国境だったんです!!!

簡単にいうと、本来払う必要のない税(出国税、入国税)を払え!!!って強制されるんです。

私は色々やった結果、どうにか免れました!!

この被害に遭っている人が沢山いるので、私がどんなことを言われたのか?どうやって免れたのか?を詳しくお話したいと思います!

不当徴収についてや防ぐ方法を別記事でまとめてみたので、具体的なことはこちらを参照ください↓↓↓

こんにちは!ひなたです(´▽`*)♪ メキシコは私の中で結構好きな国のランキング上位に入る国です。特に女子におすすめな国です☆なぜならば・...

スポンサーリンク

チケットを購入

チケットは町の至るところにある旅行代理店で購入しました。

私はサンクリからグアテマラのサン・ペドロ・ラ・ラグナという湖近くにある町へ行くチケットで一番安かったところで購入しました。

値段は450ペソ(約2,700円)

所要時間:約11~12時間

サンクリから国境(すでに不当徴収は始まる)

7:30 に宿泊場所にバンが迎えに来てくれます。そして、数分後アメリカ人の女の子が乗車。

どうやら、乗客は私達2人だけの模様。

バンに乗るなり、ドライバーにメキシコに何日間いたのか聞かれます。

え!?と思いつつ、3週間くらいかなぁと答えると、

7日間以上メキシコにいる場合、出国税として500ペソ(約3,000円)支払う必要があると言われました。

そんな、うそやんΣ(゚д゚lll)

私は、急いで携帯でメキシコの出国税について調べます。

すると、分かったのが

・空路から来た場合は航空券にメキシコの入国税が含まれていること。

・サン・クリストバル・デ・ラス・カサスからグアテマラのボーダーはよくこの手口の事件が多発していること。

・隣のタパチュラという国境では出国税を請求されることが少ないこと。

ドライバーにそのことを伝えても、国の方針だから仕方ないと言われます。

また、ドライバーは現金しか受け取ってくれないので、ATMでお金を引き出すようにと言ってきます。

現金のみってのも怪しいポイントですよねー。ちゃんとした徴収であればクレカも使用できます。なのに現金のみなのは、ポケットマネーにするからですね。。。

そして、途中ドライバーはスーパーに寄り、ATMの場所を伝えどっか行ってしまいます。

私達は一応何かあった時のために500ペソを引き出します( 一▽一)

スポンサーリンク

国境での戦い

10:00 ボーダー到着

イミグレオフィスで案の定500ペソを請求されます。

私:嘘だ!航空券に含まれてる!

と抗議したら、

職員:じゃあ証明できるものを出せ。紙でな。

私:紙⁈( ̄∀ ̄)

携帯のスクショしかないからスクショで対応しようとしたら、紙じゃないとダメだと言われ追い払われます。

私:くそー。(心の声)

ここで諦める私ではりません!( ̄∀ ̄)

オフィスの反対側にホテルがあったので、そこでWifiがないか?プリンターがないか?

とできることをとりあえずやってみることに・・・

そしたら、ドライバーがグアテマラでの合流時間があるから早くしろと急かしてきます。

私はそれでも、もう少し待て!と粘ります。

ドライバーが脅しにかかり、

ドライバー:お前たち置いて先いくぞ!!!

私:もう少しで印刷できるんだ!!!←嘘

といろいろやっていたら、ドライバーがこの事態をオフィス職員に伝えたのか、オフィスに呼ばれます。

そして、あっさりとスタンプゲットーーー!!!!

完全に粘りガチです。

また、ラッキーだったのが乗客が少なかったこと。彼らに払えと言われて、乗客の誰か一人でも払ってしまったら支払う流れが出来てしまって払わないといけない雰囲気になってしまいます。また、他に乗客がいれば、ドライバーに置いてかれる可能性も高くなってしまいます。

今回私は、アメリカ人の女の子と2人だったので粘りやすかったです☆

とりあえず、めでたくグアテマラ入国~!!!

国境からサン・ペドロ・ラ・ラグナへの移動(車酔いに注意)

11:00グアテマラボーダー到着

ドライバーの話ではここでもグアテマラの入国税がいると言われましたが、あっさり何も請求されず通過(*⁰▿⁰*)

お前らみたいにグアテマラはそんな汚いやり方はしないんだよ!!!笑

両替のオッチャンがいるので両替できます。レートは以下の通り。

100ペソ= 35 ケツァール

バンを乗り換えてパナッチェルへ向かうのですが、そのバンがまだ到着してないようで30分近く待ちます。

さっき、私達を急かす理由でグアテマラでのバンがすでに待ってるからとか言ってたのに、むしろこっちが待たされてるやんけ(。-`ω-)

国境での事件があって、ちょっとイライラしている私。笑

そして、パナッチェルから来たバンが国境に到着!

そこへ私達が乗り込みます。

私達のバンは2人+男性1人に対して、隣の違う会社のバンは乗客フルフル。

よかったー乗客少なくて(*´▽`*)

というのも、国境からパナッチェルまでの道は山道でホントに酔います。

しかも私達のドライバーがかなり荒い運転で死にました( 一▽一)

17:30 やっと、パナッチェルに到着

ドライバーがボートの人と話してお金を渡します。

ここで、ドライバーとはお別れ。

私はボートに乗り換えます。

ボートには乗客がほとんどいません。

嫌な予感が・・・・( 一一)

こういう国でよくあるやつ。

乗客が埋まったら出発するパターン!!!!

隣のボートはほぼ埋まってたからすぐ、出発したのに、ドライバーがお金を払った人のボートがガラガラの方だったから私はここで30分以上待機することに・・・

19:00 やっとこさ、サン・ペドロ・ラ・ラグナに到着。

到着したころには辺りは真っ暗でした・・・・

長かったこの移動・・・

ほんとに疲れた・・・・

次回はこの不当徴収をどう防ぐかを経験をもとにお伝えしたいと思います(*´▽`*)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もし記事がお役にたちましたらシェアをお願いします。

Translate »